基本情報

基本情報

About our hospital

基本情報

愛媛大学医学部附属病院の使命は、学生・医療人の卒前・卒後教育、質の高い医療の提供及び医学医療の発展のための研究・開発です。

また、これらの教育、診療及び研究・開発を通じて、愛媛県の地域医療の向上発展に寄与することも大きな使命です。

“患者から学び、患者に還元する教育・研究・医療”を医学部設置の理念に掲げて努力しています。

住所 〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
病院名 愛媛大学医学部附属病院
TEL 089-964-5111(代表)
  • 住所
  • 〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
  • 病院名
  • 愛媛大学医学部附属病院
  • TEL
  • 089-964-5111(代表)

施設概要

平成22年6月1日現在 (As of june 12,010) 面積単位:m2

施設名/区分 建物延面積 土地敷地面積
医学部・医学系研究科 42,299 m2 191,667 m2
附属病院 65,553 m2
図書館医学部分館 7,374 m2
総合学習棟
学術支援センター(病態機能解析部門・ 動物実験部門)
合計 115,226 m2

理念・目標

理念

患者から学び、患者に還元する病院

目標

  • 愛媛県民から信頼され愛される病院
  • 患者の立場に立てる医療人の養成
  • 愛媛で育ち、世界に羽ばたく医療の創造

看護の理念

「患者に寄り添い、温もりのある看護の提供に努めます」

  • 疾病構造の変化に対応した看護を実践します
  • 患者の立場に立ち、患者から学び、患者に還元する看護を実践します
  • 地域医療・看護の中心的な役割を果たします
  • 看護の質の向上・発展に努めます

職業倫理

医療は病める人の治療はもとより、人びとの健康の維持もしくは増進を図るもので、本院職員は職責の重大性を認識し、人類愛を基にすべての人に奉仕する。

  1. 職業の尊厳と責任を自覚するとともに、生涯学習の精神を保ち、医療の知識と技術の習得に努め、その進歩・発展に尽くす。
  2. 医療を受けるすべての人に対し平等に医療を提供するとともに、人格を尊重し信頼を得るように努める。
  3. 守秘義務を遵守する。
  4. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くす。
  5. 互いに尊敬し、協力して医療に尽くす。

臨床における倫理の方針

本院職員は、医療を受ける人々の尊厳、人権に十分配慮し、本方針に従って質の高い医療を提供します。

  1. 関係法規、ガイドラインを遵守し、治療を行います。
    (1) 胎児診断、生殖補助医療(人工授精、体外受精等)に関わるガイドラインを遵守します。
    (2) 母体保護法を遵守します。
    (3) 臓器移植に関わる法規を遵守します。
  2. 医療を受ける人々の権利、尊厳に関わる医療については、医学倫理委員会等において審議を行い、治療方針を決定します。
    (1) 安楽死、尊厳死、延命治療などの生命の尊厳に関わる問題 。
    (2) 医療を受ける人々の信仰、信条に関わる問題。
  3. 医療の発展のために積極的に臨床研究を行い、その実施においては医学倫理委員会、医学研究倫理委員会、臨床研究倫理審査委員会等において十分審議、検討を行います。

個人情報の取扱について

当病院では取得した患者さんの貴重な個人情報を含む記録を、医療機関としてだけでなく教育研究機関として所定の目的に利用させていただきます。患者さんのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。