当院について

年度計画(平成17年度)

附属病院に関する目標を達成するための措置

Ⅰ.管理運営体制の整備に関する具体的方策

  • 医員の配置について、病院長裁量枠を設ける。
  • 病院長補佐を設置する。
  • 各種委員会等の整理・統合について検討する。
  • 職種別定員の流動化により、医療技術職員の充実を図る。
  • 公募及び任期制を前提とした看護部長及び副看護部長の選考について検討する。
  • 認定看護師を育成する。

Ⅱ.医療サービスの向上に関する具体的方策

  • 医員の配置について、病院長裁量枠を設ける。
  • 病院長補佐を設置する。
  • 各種委員会等の整理・統合について検討する。
  • 職種別定員の流動化により、医療技術職員の充実を図る。
  • 公募及び任期制を前提とした看護部長及び副看護部長の選考について検討する。
  • 認定看護師を育成する。

Ⅲ.安全管理体制の整備に関する具体的方策

  • リスクマネージャーによる指導体制を整備する。
  • 医療ソーシャルワーカーを配置する。

Ⅳ.経営の安定化に関する目標を達成するための措置

  • 戦略的意思決定システム(S.D.S)を構築する。
  • 病院運営委員会、経営改善WG 等でペーパーレス化を更に推進する。
  • 薬剤部「注射薬自動払出装置」のリース契約について検討する。
  • SPD(医療材料在庫管理等)システムの導入について検討する。
  • 外来クラークの導入について検討する。
  • 施設整備及び増床により、外来化学療法室の充実を図る。
  • 薬剤管理指導算定数を増加させる。
  • 輸液調剤を充実する。
  • 患者給食の全面委託について検討する。
  • カーゲート方式の駐車場管理システムを導入する。
  • 各診療科のマニフェストの達成状況に応じて、インセンティブを付与する。
  • 新医薬品の有効性を効率的に評価するため、多施設共同治験の実施体制について検討する。

Ⅴ.教育・研修等の質的向上に関する具体的方策

  • 病院実習生が使用するスペースを拡充する。
  • 低侵襲手術トレーニング施設を開設し、トレーニング実習を定期的に行う。
  • 他大学等の歯学系・薬学系・医療技術系学生に対する卒前教育への協力を推進する。
  • 歯科医師の卒後臨床研修の体制を構築する。
  • 3年目以降の後期研修の充実を図る。
  • 総合臨床研修センターの下に職種毎の専門委員会を設置する。

Ⅵ.研究成果の診療への反映及び先端的医療の導入に関する具体的方策

  • 高度先端医療の導入に係る支援体制について検討する。
  • 病院広報室を設置し、高度先進医療に係るホームページの充実を図る。

Ⅶ.地域貢献に関する具体的方策

  • 東温市の救急医療体制について、定期的に協議する。