当院について

年度計画(平成20年度)

附属病院に関する目標を達成するための措置

Ⅰ.管理運営体制の整備に関する具体的方策

  • 管理運営体制の強化に努めるため,「病院運営企画会議」をさらに充実する。
  • 薬剤管理指導に基づき,返品医薬品の管理体制を強化する。
  • 7:1看護体制を確立し適正配置に努めるとともに,看護職員の職務満足度を高め離職率の抑制に努める。

Ⅱ.医療人の育成に関する目標を達成するための措置

  • 附属病院自己点検・評価委員会において,中央診療施設の中間評価を実施する。
  • 顎骨再生医療,抗加齢皮膚科ドック,人間ドックの実施及びインプラント専用治療室の設置について検討する。
  • 再生医療研究センターの再生医療・細胞治療及び造血細胞移植センターの機能を充実する。
  • 肝胆膵センター(仮称)の設置を検討する。
  • 脳卒中・循環器病センターの機能を充実させる。
  • 前年度のアンケート調査結果に基づき,附属病院のアメニティの整備を検討する。
  • 附属病院自己点検・評価委員会において,各診療科ごとの外来診療体制及び入院サポート体制の評価項目等について検討を開始する。
  • 近隣病院との退院支援等の連携充実を図る。
  • 市内デパート内に設置した「あいナビステーション」を通じて,地域住民を対象とした健康に関するイベントを開催し,活動を充実させる。

Ⅲ.基礎研究と臨床研究の連携に関する目標を達成するための措置

  • 医療安全管理部会において,安全管理体制について引き続き検討する。
  • 作成した対応マニュアルに基づき,病院全職員を対象とした防犯訓練を実施する。

Ⅳ.経営の安定化に関する目標を達成するための措置

  • 短期手術室の運用見直しにより,手術件数の増加を図り,増収に努める。
  • 臨床研究倫理委員会委員の教育プログラムを策定する。
  • 治験依頼者に愛媛大学医学部附属病院治験ネットワ-クを紹介し,臨床試験業務を拡充する。

Ⅴ.労働環境の改善に関する目標を達成するための措置

  • 新カリキュラムでの実習効果やシミュレータを用いた実習の効果について,臨床系分野・中央診療施設等と学生を対象としたヒアリング(又はアンケート)による評価を行うとともに,前年度に策定した卒前教育の評価指標により,学習効果を評価する。
  • 選択制により専門性の高い「がんプロフェッショナル養成プログラム」を実施する。
  • 看護師の卒前教育充実のために臨地実習指導体制の確立を目指した新カリキュラムを検討し,臨地実習担当者コアスタッフ研修会を開催する。
  • 歯科衛生士3年制に向けて,実習体制などを検討するとともに,薬学6年生実務実習に向けた実習体制を整備する。
  • 総合臨床研修センターと連携し,退職医師,離職医師及びマドンナドクター(女性医師の復職支援)のリフレッシュ教育体制を充実する。
  • 薬剤師のがん研修及び薬学6年制の新カリキュラムに対応した生涯研修を推進する。

Ⅵ.研究成果の診療への反映及び先端的医療の導入に関する具体的方策

  • 医学系研究科に設置した「再生医療研究センター」と「先進医療推進委員会」(仮称)が連携し,先端医療の開発・導入の推進に努める。
  • 「先進医療連携協議会」により,地域医療機関との先進医療技術の共有化を推進する。
  • がん診療連携拠点病院と連携を図り,がん治療の高度化に努める。

Ⅶ.地域貢献に関する具体的方策

  • 愛媛県保健医療対策協議会を中心に,地域医療人の養成を推進する。