当院について

年度計画(平成22年度)

附属病院に関する目標を達成するための措置

Ⅰ.管理運営体制の整備に関する具体的方策

  • 小児外科病棟の設置,手術室の増室,新生児集中治療(NICU)ベッド及び後方ベッド(GCU)を増床する。
  • 愛媛地域医療連携ネットワーク研究会を定期的に開催し,各地域医療連携室との情報共有化を行う。
  • 愛媛県地域医療再生計画と連携した地域救急・再生医療連携体制構築のため,地域サテライトセンターを設置する。

Ⅱ.医療人の育成に関する目標を達成するための措置

  • 愛媛県と連携し,地域医療に貢献する人材を確保・育成するため,公立病院等勤務医研修支援制度(仮称)を創設する。
  • 研修医等への教育チューター制を充実・強化するため,上級医を指定した指導体制を整備する。
  • 臨床検査技師の教育プログラムを作成する。
  • 専門看護師,認定看護師の育成を行うとともに,有資格看護師等による看護師外来を試行する。
  • 新人看護師ローテーション研修を実施・評価する。
  • 臨床研修体制を強化するため,研修管理・指導体制及び研修用機器を拡充整備する。

Ⅲ.基礎研究と臨床研究の連携に関する目標を達成するための措置

  • 臨床研究成果を臨床応用するために必要な前臨床試験が遂行できる研究環境を整備する。

Ⅳ.経営の安定化に関する目標を達成するための措置

  • 小児外科病棟の設置,手術室の増室,新生児集中治療(NICU)ベッド及び後方ベッド(GCU)を増床する。
  • 臨床薬理センター(仮称)を整備し,第Ⅰ相臨床薬理試験等により外部資金を獲得する。

Ⅴ.労働環境の改善に関する目標を達成するための措置

  • 医師等の医療の専門職種が必要とする業務の環境改善及び効率的な業務運営を行うため,非常勤医師の常勤化やコメディカル等の増員を推進する。