当院について

年度計画(平成24年度)

附属病院に関する目標を達成するための措置

Ⅰ.医療の質の向上に関する目標を達成するための措置

  • 社会的ニーズに対応するために増床した各施設・病棟のベッドの運用を進めるとともに,大型医療機器等を計画的に更新する。
  • 拡充整備計画に基づき全診療科の外来診療室を整備する。
  • 地域医療を担う医師の養成を図る拠点施設「地域医療支援センター」(平成23年度設置)の事業計画を作成して実施する。
  • 愛媛県内各地に設置している「地域サテライトセンター」の地域医療における役割を検証し,地域医療強化のための連携を推進する。

Ⅱ.医療人の育成に関する目標を達成するための措置

  • 地域民間病院との連携協定を締結し,看護職員の人事交流を促進する。
  • 研修医等への教育チューター制を検証し,指導医・上級医による個別指導体制を強化する。
  • 薬剤師レジデント制度を検証し充実させる。
  • 高度看護力開発事業として,専門性の高い看護師を育成するとともに,チーム医療に積極的に参画して実践活動を行う。
  • 看護師に関する「新人ローテーション研修」及び「教育・指導体制の整備」について検証し,教育システムの再構築を図る。
  • 地域医療支援センターのスキルスラボに配備した医学教育用シミュレータによる実践教育を通して,研修医をはじめとする愛媛県内病院医師の臨床能力の向上を図る。

Ⅲ.基礎研究と臨床研究の連携に関する目標を達成するための措置

  • 「プロテオ医学研究センター」と前年度に設置した「先端医療創生センター」との共同研究を進め,治療法開発と臨床研究を推進する。

Ⅳ.経営の安定化に関する目標を達成するための措置

  • 手術室の運用を見直し,手術件数を増加させる。また,外部資金の増収を図るため,臨床薬理センターにおいて薬物動態試験等の受入れを推進する。

Ⅴ.労働環境の改善に関する目標を達成するための措置

  • 年次計画に基づきコメディカルスタッフを増員するとともに,労働環境改善のため看護職員のシフト勤務時間帯を見直す。
  • 院内保育所「あいあいキッズ」を増築し,入所定員を増員するとともに,学童保育,病児保育を実施する。