当院について

20 外来で化学療法を行った延べ患者数

項目の解説

かつて入院が必要だった化学療法の多くが、外来で行えるようになりつつあります。 これにより、通常に近い日常生活を送りながら治療を受ける事が可能になり、患者のQOLが向上します。

一方、病棟における化学療法とは異なり、外来で適切に化学療法を行うには、担当の医師、看護師、薬剤師等の人的配置も含め、相当の体制整備が必要です。外来において化学療法を行える体制やスタッフ、施設の充実度を評価します。

当院の値(単位・調査期間)

算式

実数

定義

「第6部 注射 通則6 外来化学療法加算」算定件数