当院について

25 CPC(臨床病理検討会)の検討症例率

項目の解説

CPC(臨床病理検討会)とは臨床医・病理医・検査担当医等が、診断や診療のプロセスの妥当性を討論する症例検討会で、一般的には剖検(病理解剖)が行われた症例を対象とします。診療行為を見直し、今後の治療に役立てる取り組みを評価する指標です。医学生、研究生の教育にも大いに寄与するものです。

当院の値(単位・調査期間)

算式

分子:CPC件数
分母:死亡患者数

定義

CPC(臨床病理検討会)の検討症例率
自院での死亡退院を対象とします。学外で病理解剖が行われた症例について、病理解剖を担当した医師を招いて実施した症例は検討症例数に含めます。