当院について

32 超重症児の手術件数

項目の解説

「超重症児」とは、食事機能、呼吸機能、消化器症状の有無等の項目により、より高度でより濃密な医学的管理を要する小児のことです。超重症児を手術するには、通常の小児の手術に比べ、より高度な医療技術と患者管理が必要です。小児外科や麻酔科の医療の質の高さを示す指標です。

当院の値(単位・調査期間)

算式

実数

定義

「A212-1-イ 超重症児入院診療科加算」算定件数