当院について

51 3次救急患者数

項目の解説

国立大学病院として、高度な3次救急医療を担う体制と実績を評価します。

「3次救急」とは、厳密には救急救命病棟に入院する場合を指し、一般病棟に入院する「2次救急」とは区別されるべきものです。しかし、救命救急入院料は、地域医療計画の中で決定され地域ごとの数値枠があるため、同じ機能を持ちながら指定を受けられない場合があります。従って、ここでは救急医療管理加算も対象とし、現状に即して広く「3次救急」を捉えます。

当院の値(単位・調査期間)

期間

年間

算式

実数

定義

3次救急患者の受入数です。
ここで「3次救急患者」とは、「A205 救急医療管理加算」または「A300 救命救急入院料」を算定した患者を指し、必ずしも救命救急センターを持たない施設でも使用できる指標とします。
救急外来で死亡した患者も含みます。