地域連携の皆様

地域医療連携の必要性と地域連携室の今後

入院内連携(センター回診及び退院支援カンファレンス)

患者・家族がより適切で安心できる退院を実現するためにチームで支援することを重視し、医療福祉支援センターの医師・MSW(看護師・ソーシャルワーカー)が、病棟の医師や看護師の参画のもと、退院支援の必要のある患者を回診します。また、院内の医療チームと地域の在宅医療サポートチームが、患者・家族を交えて治療方針や退院後の療養についてコンセンサスを図り、互いのコラボレーションをにより継続的な支援を行います。

院内連携(関連病院長会議地域連携部会の活動)

  • 地域連携ネットワーク研究会の発足
    県内医療機関の地域連携や退院支援を担う部門が集い、互いの機能の向上を図るとともに、FACE TO FACEの関係を構築し、互いに協力して施設間の連携や役割分担を積極的に進めることにより、限られた地域資源の有効活用を通して、住民・患者ニーズに応えていくことを目的にしています。