医療機関の皆様

患者紹介

医療機関からのファクス診察予約システムの流れ

ご存知ですか? 『かかりつけ医の紹介状による、診察日の予約』

病気になって、かかりつけ医など最寄の病院・診療所で診療された患者が、愛大病院へ来院していただくときは、『医師(かかりつけ医)の紹介状』による『ファクス診察予約システム』をご活用ください。 医師の紹介状がありますと、初診時一部負担金(5,400円、消費税込み)がかからないだけでなく、診察日時を予約することが可能です。診察日時の予約は、患者にとって、診察申込み手続きのための早めのご来院が不要となるだけでなく、当院での待ち時間を減らすことができます。 『かかりつけ医の紹介状による、診察日の予約』へのご理解とご利用をお願いいたします。

① 予約の方法

1. 愛大病院での精査や治療が必要であると判断したかかりつけ医が、患者に説明し、同意を得ます。
2. かかりつけ医は、愛大病院の『ファクス送信票』(PDF形式、WORD形式)(PDF形式 / WORD形式)を記入し、紹介状と合わせて、愛大病院総合診療サポートセンターへファクスします。
3.

愛大病院総合診療サポートセンターのスタッフは、『ファクス送信票』から、専門医または適切な診療科の医師の診察予定を調べて、患者の予約をお取りします。日程調整は、ファクスをいただいてから20分以内を目標としております。

来院していただく日時が決まりますと、ご紹介いただきました医療機関様へファクスにて、『診療予約票』でお返事申し上げます。また、ご予約日時までに、診察券を作成しておきます。

② 予約完了後の患者さんの流れ

1. 患者さんは、診察予約時刻の20分くらい前までに、ご来院ください。
2.

診察予約日に、ご持参いただくものは、下記のとおりです。ご確認くださいませ。
★紹介状(診療情報提供書)

★検査結果、画像データなど
★診療予約票
★保険証
★公費の受給者証、育成医療や更生医療等の医療券などをお持ちの方はご持参ください。

3. 当院に到着しましたら、「総合受付①初診」へお進みください。
4. 総合受付①初診」へ、紹介状・保険証・診療予約票などを提出してください。『医師(かかりつけ医)の紹介状によるファクス診察予約』の方で、予約票忘れやお持ちでない場合は、窓口にて名前とファクス予約であることを告げてください。
5. 診察券、料金票を受け取り、各診療科の外来窓口へお進みください。
電話:089-960-5322(直通) ファクス:089-960-5959

愛大病院の『ファクス送信票』は以下からダウンロードできます。

PDF活用のアプリケーションは、Adobe社から無料でダウンロードできます。
ココからリンクしています。(新しいウインドウで開きます。)

患者申出療養制度について

患者申出療養制度とは

患者申出療養制度をご存じですか?

患者申出療養は、困難な病気と闘う患者の思いに応えるため、先進的な医療について、患者の申出を起点とし、安全性・有効性等を確認しつつ、身近な医療機関で迅速に受けられるようにするものである。これは、国において安全性・有効性等を確認すること、保険収載に向けた実施計画の作成を臨床研究中核病院に求め、国において確認すること及び実施状況等の報告を臨床研究中核病院に求めることとした上で、保険外併用療養費制度の中に位置づけるものであるため、いわゆる「混合診療」を無制限に解禁するものではなく、国民皆保険の堅持を前提とするものである。(厚生労働省ホームページから)

1. 保険診療にない先進的な医療を、患者が申し出て、身近な医療機関で受診できる制度。
2. 臨床研究として安全性・有効性等を確認しながら、保険収載を目指し実施する医療。
3. 標準的治療がないこと。
4. 具体的に希望する治療薬等があること。
5. 希望する薬は、海外承認であり国内未承認であること。
6. 現在、治験・臨床研究・先進医療が実施されていないこと。
7. 費用は保険適用ではないので、自己負担額が高額となる可能性がある。
8. 申出から治療開始まで数ヶ月~1年間要すること。

患者申出療養制度の相談窓口は総合診療サポートセンターに設けています。

総合受付6番窓口の奥になっております。

電話:089-960-5261(直通) ファクス:089-960-5959

患者申出療養制度に関する問い合わせは、下記の臨床研究支援センターウェブサイトまでお願いいたします