お知らせ

「オックスフォードセミナー in 愛媛」を開催しました

平成25年7月30日(火),医学部附属病院と国立病院機構愛媛医療センターは,医学部創立40周年記念講堂で「オックスフォードセミナー in 愛媛」を共催しました。

セミナーは,檜垣實男医学部附属病院長の挨拶で開会し,オックスフォード大学に留学経験のある愛媛医療センター循環器科の舩田淳一医師がイントロ講演を行いました。
 続いて,オックスフォード大学のGael MacLean博士による「Surgical Training in the UK including the experience of femaile surgeons 」,同大学のFredrik Karpe教授による 「Obesity. Diabetes and Cancer - what might the link be ? 」をテーマにしたセミナーが行われました。
 セミナーには約180人が参加し,活発な質疑応答が行われるなど盛況なセミナーとなりました。