お知らせ

『リレー・フォー・ライフ・ジャパン2013えひめ』に参加しました

平成25年10月12日(土)〜13日(日),松山市堀之内公園で開催された「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2013えひめ」に,附属病院チームが参加しました。

 リレー・フォー・ライフは,がんと24時間戦い続ける患者の皆様の勇気をたたえ,支援するチャリティーイベントです。参加者は,昼夜交代で24時間歩き続け,がん患者・家族・市民が時間を共有することで,一体となって共に考え,支え合います。
 当日は,約2500人(同実行委員会発表)の参加があり,12時にオープニングセレモニーが行われました。その後,翌日正午前まで24時間たすきをつなぎながら歩き続けました。附属病院チームは,医師,看護師,事務職員など90人が参加し,最後まで完歩しました。
 ファイナルウォークの後,クロージング・セレモニーがあり,その中で,附属病院乳腺センターの山下美智子医師が,「私はリレー・フォー・ライフによる助成を受け,がん治療の先進病院で研修を受けることができました。研修の成果を今後の診療に活かしていきます」と力強い挨拶をし,リレー・フォー・ライフの活動が,がん対策に直接的に貢献していることを印象づけました。