お知らせ

医学部附属病院がHIV/エイズ診療研修会を開催しました【10月26日(土)】

平成25年10月26日(土),医学部創立40周年記念講堂で,県内の医療・行政関係者が集まり,HIV/エイズ診療研修会を開催しました。

 本研修会は,独立行政法人国際医療センターACC(エイズ治療・研究開発センター)が,全国のHIV診療の均てん化を目標に,全国の主だった地域に出張研修の形で10年前から行っているものです。エイズ中核拠点病院として,熱心に診療を行っている当大学での開催は,今回で4回目となります。県内でエイズ診療に携わる医師や保健師,医療ソーシャルワーカー,薬剤師,行政関係者など56人が参加しました。
 始めに,附属病院総合臨床研修センター長の高田清式教授から挨拶がありました。続いて,岡慎一ACCセンター長の司会・進行のもと,医師から「治療ガイドラインの変更点とACCの現状」,看護師から「重症患者のケアの具体例」,薬剤師から「新薬情報などの現況」について講演があり,その後総合討論会を行いました。新しい情報などもあり,熱心にメモを取りながら傾聴する参加者の姿が見受けられました。予定時間まで活発に質疑応答が繰り広げられ,有意義な研修会となりました。