お知らせ

医学部附属病院が,第21回愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター講演会を開催しました

平成24年11月9日(金),医学部附属病院が,第21回愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター講演会を開催しました

 平成24年11月9日(金),医学部臨床第2講義室で,独立行政法人国立病院機構四国がんセンター看護師であり,がん化学療法看護認定看護師でもある森ひろみ先生と,防衛医科大学校病院腫瘍化学療法部長の市川度先生を講師に迎え,第21回愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター講演会を開催しました。
 大腸がんは近年増加傾向に有り,当院外来化学療法施行疾患で最も多い癌腫となりつつあります。長期の化学療法が必要なこの疾患は,患者マネージメントが極めて重要な問題であり,森先生は,この注意点を四国がんセンターでの施行経験を交え,詳細に解説しました。
 また,当講演会で2回目のご講演となった市川先生は,この疾患において,国内外で施行された臨床試験を詳細に解説し,解析結果の吟味には,患者の生存のみならず,患者自身の持つ様々なファクター(社会背景やQOL等)を加味した考察が必要であること,また,施設での治療成果の向上には,多職種が関与する集学的治療が重要であると述べました。
 会場の皆さんは,メモを取りながら傾聴していました。講演会終了後,座長である本学医学部附属病院腫瘍センター児島洋副センタ―長や,会場の医療者を交え,活発な意見交換が行われ,がんの診療を行う医療者にとって貴重な講演会となりました。