お知らせ

第11回地域病院見学バスを実施しました【4月22日(水)】

平成27年4月22日(水),医学部附属病院地域医療支援センターが,第11回地域病院見学バスを実施しました。

 地域医療支援センターでは,将来地域医療を担う医師を目指す医学生を引率して地域病院を訪問し,見学や意見交換を行うことで,早い段階から地域医療の実情に触れ,実感する機会を設けています。
 今回は,宇和島地域の2病院を訪問するもので,医学科3・4年生22人と短期交流学生として本学医学部で学んでいるカンウォン大学(韓国)の2人が参加しました。
 参加者は,まずJCHO宇和島病院を訪問し,矢野達哉副院長から,疾病予防と健康維持,治療とリハビリ,介護・福祉を一貫提供する同病院の特徴について説明を受けました。その後,放射線部,リハビリ訓練室等の院内見学を行いました。また,宇和島市の職員の方から,市の特長や魅力について説明がありました。
 続いて訪問した鬼北町立北宇和病院では,岡部健一院長から地域の現状と病院の沿革・役割等の説明を受け,社会福祉法人旭川荘愛媛支部の藤井千穂支部長からドクターヘリ運用についての説明を受けました。
 参加者は,地域の医療・介護・福祉の包括的な連携状況の説明や院内施設の案内等を興味深く見聞きしていました。
見学終了後は意見交換会を行い,芝田正文鬼北町副町長,訪問病院の院長を始め,11人が参加しました。
 「病院の説明が丁寧で,各病院の特徴がよく分かった」「研修の話を詳しく聞けて良かった」「地域医療の現状を知ることができた」「将来のためになる話を聞けた」など,医学生から好評を得ました。
 本センターでは,今後も県内各地の病院見学を実施し,地域の医療機関と連携しながら次世代の地域医療を担う医学生の育成を進めていきたいと思います。

  • JCHO宇和島病院の矢野副院長からの説明

  • 鬼北町立北宇和病院の岡部院長からの説明

  • 芝田鬼北町副町長からのあいさつ

  • 意見交換会での記念撮影