お知らせ

愛媛県がん診療連携協議会がん登録研修会を開催しました【6月19日(金)】

医学部附属病院地域医療支援センターで,頭頸部がんについて学ぶ「愛媛県がん診療連携協議会がん登録研修会」を開催しました

 愛媛県がん診療連携協議会がん登録専門部会では,院内がん登録精度の向上のため,がん登録実務者を対象とした研修会を実施しています。今回は,最もがん登録報告数が多く,難解な部位であると言われる「頭頸部がん」をテーマに,当院が監事となり開催しました。
 参加者は県内のがん診療連携拠点病院,愛媛県がん診療推進病院などから,がん登録に関わる医師(病理医/放射線科医/外科医)等の実務者,総勢41人が参加しました。
 研修会では,愛媛県がん診療連携協議会がん登録専門部会副会長である,当院産婦人科の松元隆特任講師からあいさつがあり,続いて,耳鼻咽喉科・頭頸部外科の鵜久森徹准教授から,頭頸部がんの基礎から臨床に至る講義と,医師が何を基準に腫瘍のステージを決めているかについての講義が行われました。頭頸部がんを登録する機会が少ない施設では,経験していない実務者も多いため,県内で初めて,頭頸部がんの専門医から直接学べる貴重な機会となり,参加者全員が真剣な面持ちで聴講していました。
 「頭頸部がん」の部位は,口腔から鼻腔,咽頭,喉頭と多岐に渡るため,内容は盛りだくさんでしたが,鵜久森准教授のポイントを押さえた分かりやすい説明で,参加者からは「開催してもらって良かった」との感想が述べられました。
 次に,頭頸部がんのTNM分類について,当院のがん登録実務指導者である末光純子氏から,複雑なTNM分類の考え方を理解するために,部位別のイラストによる講義が行われました。
 最後に,この研修会で学んだことの復習として,事前配布していた練習問題の演習時間を設けました。全問を解説した後,考え方について討論を行ったところ,参加者の多くは事前の予習を行っており,活発な意見が出されるなど,皆でがん登録ルールの理解を深めることができました。

  • 鵜久森准教授講義

  • 末光院内がん登録実務指導者講演

  • 寺本がん登録専門部会長より質

  • 開催状況