お知らせ

第34回医学部附属病院腫瘍センター講演会を開催しました【6月30日(火)】

平成27年6月30日(金),医学部重信キャンパスで,第34回愛媛大学医学部附属病院腫瘍センター講演会を開催しました。

 本講演会は,BRAF遺伝子変異に対する分子標的薬,免疫チェックポイント(PD-1,CTLA4)を標的とした抗体製剤など新薬が次々と市販され,目まぐるしい変化・進歩がみられる悪性黒色腫治療をテーマに企画したものです。
 当日は,国立がんセンター中央病院皮膚腫瘍科科長の山﨑直也氏に加え,当院総合医療サポートセンター(TMSC)の小野恵子氏を講師に迎え,医師・看護師・薬剤師等,60人を超える参加がありました。
 始めに,教育講演として,当院TMSCのメディカルソーシャルワーカーである小野氏が,新規抗がん剤が抱える医療費の高騰といった諸問題,高額療養費制度,傷病手当制度等を,分かりやすく解説しました。
 また,特別講演では,国立がんセンター中央病院の山?氏から,「悪性黒色腫の分子標的薬」というテーマで,悪性黒色腫の病態,遺伝子異常とその検査方法,悪性黒色腫の標準治療について話がありました。さらに,新規抗がん剤であるVemurafenib(BRAF阻害剤;商品名ゼルボラフ)投与方法,有害事象対策など,幅広い内容でご講演いただきました。
 終了後には,医師のみならず,看護師・薬剤師等の幅広い職種の参加者から活発な質疑応答があり,大変有意義な講演会となりました。

  • 山﨑氏による講演の様子