お知らせ

四国で初めて脳死肝移植手術を実施しました【8月20日(木)】

 平成27年8月20日(木),四国唯一の脳死肝移植実施施設である本院で,四国で初めて脳死肝移植手術を実施しました。

 平成27年8月20日(木),都内の病院で脳死と判定された60代男性の肝臓を,本院の50代男性に移植する手術を四国で初めて実施しました。
 手術当日の午前4時頃,都内の病院で肝臓の摘出手術を行い,空路と緊急車両を利用して本院に輸送されました。到着前からレシピエント手術チームによる手術は早朝からスタートしており,臓器到着後速やかに移植手術を実施,約10時間の手術は18時前に無事終了しました。術後のレシピエントの容体は安定しており,1~2か月ほどでの退院を目指すこととしています。
 術後の記者会見で,三浦裕正病院長は,「今回,四国初の脳死肝移植を行えたことは,四国の同じ肝臓病で苦しんでいる患者様,ご家族の方にとっては朗報になったと思う」と話しました。また,本手術を執刀した肝臓・胆のう・膵臓・移植外科の髙田泰次診療科長は,「今後,拒絶反応や感染症などに注意しながら治療を進め,1日も早く元気になってもらいたい」と笑顔で話しました。第三内科の日浅陽一診療科長は,「内科的治療と外科的治療の連携により,本手術が実施でき,無事終わったことにホッとしている」と安堵の表情を浮かべていました。

 本院は今後も地域へ「質の高い・安全・安心な医療」を提供し続け,地域社会に貢献していきます。

  • 院内に臓器を運び込む摘出チームの医師

  • 術後の記者会見で概要を説明する髙田診療科長