お知らせ

松山空港航空機事故対処総合訓練に愛媛大学附属病院DMAT隊が参加しました

平成27年9月17日(木),松山空港航空機事故対処総合訓練が実施され,愛媛大学DMAT(Disaster Medical Assistance Team:災害派遣医療チーム)が参加しました。

 この訓練は,松山空港内において航空機事故が発生した場合に,関係機関の協力により迅速かつ的確に対処するため,消火救難・救急医療活動等を総合的に訓練することにより,関係機関相互の練度の向上を図ることを目的に実施したものです。
 当日は,愛媛県内の警察・消防・自衛隊,医療関係者など約240人が参加し,消火活動や救急医療の連携を訓練しました。本学医学部附属病院からは,医師・看護師等から構成する5人のDMAT隊が参加し,救出・救護訓練を行いました。
 出火炎上した飛行機から,消防隊によって次々と運ばれてくる負傷者に対し,DMAT隊はトリアージ(重症度合によって治療の順番を決めること)を実施し,重症度合に応じて異なるブースに運び応急処置を施しました。その後,近隣医療機関に救急搬送する連携を確認しました。
 本院では,県内各機関との連携を強化し,大規模災害時のDMAT隊の救助・救護活動の体制を強化していきます。

  • トリアージ訓練の様子

  • 他機関と連携し救護するDMAT隊

  • 41機関約240名が参加した今回の訓練

  • ヘリコプターによる搬送訓練