お知らせ

四国電力伊方原子力発電所の重大事故を想定した防災訓練に参加しました

平成27年11月9日(月),巨大地震の発生に伴う『伊方原発の重大事故』を想定した原子力防災訓練に参加しました

 国と県が11月8,9日に実施した原子力総合防災訓練に,二次被ばく医療機関に指定されている当院は,伊方町で被ばくした患者の搬送訓練や情報伝達訓練等に参加しました。併せて,事故時の手順の確認,応急処置,線量評価等の訓練を実施しました。
 西日本の三次被ばく医療機関である広島大学医学部附属病院や訓練評価担当の長崎大学,警察庁からの参加を得,緊張感をもって訓練を行いました。
 まず,二次被ばくを防ぐために治療室や器具,医療スタッフに至るまで念入りな養生を行いました。その後,伊方町からヘリコプターや緊急車両等で患者2人が当院に搬送され,医師による治療,放射線技師による線量測定を行いました。内部被ばくが疑われる患者に対しては,体内の放射性物質を測定出来る,ホールボディカウンターによる測定を行いました。関係者のスムーズな連携により,想定された訓練を実施することが出来ました。
 愛媛県は,今後30年間に巨大地震が発生する可能性が約70%と想定されています。今後も当院では万が一の事態に備えた訓練を行っていきます。

  • 養生の実施

  • 被ばく患者の線量測定の様子

  • 患者を搬送した救急隊員の線量測定の様子

  • ホールボディカウンターによる測定の様子