お知らせ

医療安全に関する改善事例発表会を開催しました【11月25日(水)】

平成27年11月25日(水),医学部附属病院医療安全管理部主催の「医療安全に関する改善事例発表会」を開催しました。

 この発表会は,医療安全週間(11月22日~28日)に併せて毎年開催しており,今回は当院関係者約200人が参加する中,医療機器や薬剤関連の改善事例について,各部署から発表がありました。発表テーマは以下のとおりです。

 ・薬剤部
  「薬剤部でのプライミング開始によって何がどう変わる?」 
 ・2号館7階
  「患者と一緒に行う安全な化学療法」 
 ・2号館4階
  「放射線治療時のテモダールの飲み忘れを無くそう!~他職種連携の取組み~」 
 ・手術部
  「形成外科手術における採皮片の落下防止」
 ・ICU
  「多職種とチームを組んでインシデントをなくそう!」 
 ・ME機器センター
  「AEDが誤作動?それとも正常作動?」 
 ・外来
  「リスク感性を高め,危険の先取り!!~外来でKYT分析に取組んで~」 
 ・ICU2
  「安全と自立を目指す,技術チェックリストの活用」 

 発表後の質疑応答では,活発なディスカッションが行われ,多職種間でコミュニケーションを深める絶好の機会となりました。発表テーマの中から,ICU2が取り組んだ,新人看護師の看護技術到達度がひと目で分かる技術チェックリストの活用が,最優秀賞に選ばれ,医療安全管理部長の相引眞幸教授から表彰を受けました。
 当院は,これからも安全で安心な医療体制を構築する為の活動を行っていきます。

  • 発表の様子

  • 質疑応答