お知らせ

「ブルーリボンキャラバンもっと知ってほしい大腸がんのことin東温」を開催

平成27年12月5日(土)に,医学部附属病院基礎第3講義室で,市民公開講座「ブルーリボンキャラバンもっと知ってほしい大腸がんのこと in東温」を開催しました。

 「大腸がん」は毎年10万人以上が新たに診断される身近ながんの1つです。このたび,当院の医師等が「大腸がん」の最新の治療や予防法について講演する,市民公開講座を開催し,約210人が参加しました。
 まず,消化管・腫瘍外科学の渡部祐司教授から開会の挨拶があり,その後,当院の5人の医師等が講演しました。講演では,大腸がんの予防法や最新の診断や検査,外科的治療や薬物療法等について話しがあり,大腸がんは早期の段階では自覚症状がほとんどないこと,手術後の5年生存率が7割と他のがんに比べ高いこと、早期発見のために定期的ながん検診が重要であること等,来場者は最新かつ正しい情報を聴き,理解を深めました。講演後のQ&Aコーナーでは,予定時間を超えるほど多数の質問があり,来場者の関心の高さがうかがえました。また,大腸がんの検査・治療に使用する最新機器を展示したブースにもたくさんの人が足を運び,定員を上回る来場者で会場は熱気に包まれました。
 当院は,今後も公開講座等を通じ,地域の皆様の関心の高いテーマについて,正しい情報を発信していきます。

  • 渡部教授の開会挨拶

  • 講演の様子

  • 講演後のQ&Aコーナー

  • 最新医療機器等の展示ブース