お知らせ

心臓病の子どもの治療を支援する「明美ちゃん基金」から感謝状が授与されました

平成27年12月28日(月),「明美ちゃん基金」から,ミャンマー渡航小児循環器診療プロジェクトへ,医学部附属病院の医師を派遣したことに対し,感謝状が授与されました。

 「明美ちゃん基金」は,当初日本における心臓病児の治療支援を目的に設立されましたが,医療支援体制が整備されるに従い,海外での心臓病児の治療支援を中心に活動しています。本プロジェクトは,平成27年9月7日~12日まで,ミャンマー国立ヤンキン子供病院(ヤンゴン)で行われ,当院小児総合医療センターの高田秀実講師が参加しました。高田講師は現地の医師と共に,子供たち37人にカテーテル手術等を実施しました。
 今回,明美ちゃん基金の谷口昌男事務局長から,当院の三浦裕正病院長に感謝状が授与され,ミャンマーでの活動報告が行われました。「明美ちゃん基金」では,今後5年間にわたりミャンマーでの医療支援を行うとのことであり,今後の活動についても支援願いたい旨の話がありました。
 当院は,今後も地域貢献貢献のみならず,国際貢献にも積極的に取り組んで行きます。

  • 高田先生と谷口氏による現地報告

  • 関係者の記念撮影