お知らせ

第44回ヘルスアカデミーを開催しました【2月7日(日)】

平成28年2月7日(日),いよてつ高島屋9階ローズホールにて,第44回ヘルスアカデミー「子どもの健やかな成長のために」を開催しました。

 子どもの成長や身体的,精神的な発達を見守ることは重要視されており,継続的な診療の必要性が指摘されています。今回のヘルスアカデミーでは,子どもの健やかな成長に必要なことについて専門医が解説しました。
 まず,本学医学系研究科精神神経科学講座の上野修一教授から開会の挨拶があり,続いて,医学部附属病院子どものこころセンターの堀内史枝センター長が,センターの設立経緯や受診状況などを説明しました。
 続いて,本院周産母子センターの松原圭一准教授が,低出生体重児(2500g以下)が増加していること,低出生体重児はさまざまな疾患の発症リスクが高くなること等を話しました。また,同センターの福田光成准教授は,自身の体験を元に子育てのコツを分かり易く述べ,急な病気には『♯8000』(電話)『こどもの救急』(サイト)を活用してほしいと話しました。
 同講座の河邉憲太郎医師は,こころの成長と体の成長のバランスが不安定になる思春期について話しました。最後に本院睡眠医療センターの淡野桜子医員が,睡眠のメカニズムや質の良い睡眠の方法を説明しました。
 講演後に設けられたQ&Aコーナーでは,「ドクターショッピングについて」「妊娠中に必要な栄養素をサプリメントで補えるか」「保育園でのお昼寝について」など,参加者からたくさんの質問が寄せられ,活発な質疑応答が行われました。
 「子ども」がテーマということで,多くの教育機関からも参加があり,関心の高さが伺えました。
 本院は今後も関心の高いことをテーマに,ヘルスアカデミーを実施していきます。

  • 堀内センター長の講演

  • たくさんの質問があったQ&Aコーナー