お知らせ

第45回ヘルスアカデミーを開催しました【3月6日(日)】

 平成28年3月6日(日),いよてつ髙島屋9階ローズホールにて,第45回ヘルスアカデミー「手術で治す心臓・血管・肺の病気-新生児から超高齢者まで-」を開催しました。

 ヘルスアカデミーは,関心の高いテーマや身近な疾患などを取り上げ,定期的に開催している市民公開講座です。今回は,生命の基本となる心臓・血管・肺の外科手術について,最新の技術や治療法を,本学の外科医が説明しました。
 まず,医学部心臓血管・呼吸器外科学の泉谷裕則教授から開会の挨拶があり,続いて4人の講師による講演が行われました。
 第一部では,同講座の佐野由文准教授が,肺がんの手術の方法や治療法及び手術支援ロボット「ダヴィンチ」手術について説明しました。続いて,本学基盤・実践看護学の八杉巧教授が,動脈瘤と静脈瘤の違いや手術方法など写真やアニメーションを交えながら解説しました。その後,附属病院心臓血管・呼吸器外科の打田俊司准教授が,先天性(子供)の心臓の成り立ちや,心臓移植の難しさなどを話しました。最後に,泉谷教授が,心臓で起こる様々な病気,心臓移植の現状と厳しさ,移植を受けるために行う「補助人工心臓手術」など動画を交えながら詳しく説明しました。
 第二部では,講演者4人が参加者からの質問・疑問に答えるQ&Aコーナーを設けました。「心疾患者の入浴について」「臓器提供に伴う年齢制限について」「肺がんの治療で抗がん剤の使用について」など様々な質問があり,参加者は回答を熱心にメモする等関心の高さが伺えました。
 日本人の死因の上位となる「心臓・血管・肺」がテーマということで、会場にはたくさんの参加者がありました。
本学は,今後も市民の皆様の関心の高いテーマを取り上げ,市民公開講座を開催します。

  • 泉谷教授の講演

  • Q&Aコーナーの様子