お知らせ

愛媛県下4市から要請を受け,4つの寄附講座を設置しました【3月29日(火)】

平成28年3月29日(火),愛媛大学は,四国中央市,八幡浜市,西条市及び松山市と4つの寄附講座設置に伴う調印式を行いました。

 今回,医師不足や診療科の偏在等,地域医療が抱える諸問題の解消に向けて,本学と各市が協定を結び,寄附講座を設置しました。寄附講座は,各市から要請を受けて設置するもので,本学医学部の教員が各地域の病院に行き,診療や研究,医師の教育等を行うものです。
 本学本部で行った調印式には,篠原実四国中央市長,大城一郎八幡浜市長,青野勝西条市長らが出席し,大橋裕一愛媛大学長と協定書にサインし,今後の連携を誓い堅い握手をしました。大橋学長は,寄附講座について,「愛媛県内の医師は増加傾向にあるが,地域の医師数は偏在する傾向が強まっている。本講座を通し,愛媛県全体の医療水準の向上に貢献したい」と述べました。
 調印式後に,満田憲昭医学系研究科長が寄附講座の概要説明を行いました。満田研究科長は,「サテライトセンターに教員である医師を派遣し,診療を提供するだけでなく,将来の地域医療を支える医師の養成や緊急医療を中心としたシステムづくりを行いたい」と述べました。
 今回,設置する寄附講座は以下の通りです。

 ・地域医療再生学講座  四国中央市
   宇摩圏域を対象とした地域の救急医療等に関する研究拠点を設置
 ・地域救急医療学講座  八幡浜市
   八幡浜圏域を対象とした地域の救急医療等に関する研究拠点を設置
 ・地域消化器免疫医療学講座  西条市
   消化器免疫医療学の研究及び炎症性腸疾患の診療拠点を設置
 ・地域小児保健医療学講座  松山市
   松山医療圏全体の小児保健医療に関する研究拠点を設置

 本学では,今後も愛媛県全体の医療水準の向上に取り組みます。

  • 調印後,固い握手を交わす大橋学長(左)と大城八幡浜市長(右)

  • 大橋学長の挨拶

  • 寄附講座の概要を説明する満田研究科長

  • 連携を誓う市長及び研究科長ら