お知らせ

医学部附属病院DPATが地震による医療支援のため、熊本県で活動を行っています

熊本県で発生した地震による災害支援のため、当院では様々な活動を行っています。

 平成28年4月16日(土)に派遣された愛媛大学医学部附属病院DMAT(災害派遣医療チーム)に続き、平成28年5月6日(金)、愛媛大学医学部附属病院DPAT(Disaster Psychiatric Assistance Team :災害派遣精神医療チーム)(以下「愛大DPAT」)が、被災住民の心のケアを行うため熊本に出発しました。
 愛大DPAT(第1班)は、精神科医師・看護師ら4人で編成されたチームです。地震発生から約1か月が経過し、ストレスによる心のケアがより重要な時期になっています。愛大DPATは、精神科医療の提供をはじめ、被災地域の精神保健医療ニーズの把握や各種関係機関と連携して、マネージメントを行いました。1週間現地での医療支援を実施し、愛大DPATは、5月12日(木)に帰院しました。 帰院時、当院では田渕典子副病院長をはじめとする約50名の関係者が出迎え、労いの言葉をかけました。愛大DPATの越智紳一郎医師から、「熊本の復旧は進んではいますが、いまだ多くの避難者がストレスを抱えており、心のケアは重要だと感じました」と報告がありました。
 現在は愛大DPATの第2班が熊本で医療支援を行っており、5月19日まで活動予定です。今後も当院では被災地の状況を注視しながら、可能な限り支援を行っていきます。

  • 熊本での活動の様子

  • 関係機関と連携する愛大DPAT

  • 田渕副病院長に報告を行う越智医師

  • 現地の様子を話すDPAT隊員