お知らせ

渡部祐司教授がBest Doctors in Japan 2016-2017に選出されました

医学系研究科消化管・腫瘍外科学講座の渡部祐司教授がBest Doctors in Japan 2016-2017に選出されました。

 Best Doctorsとは,米国ベストドクターズ社が行っている医師同士による相互評価(ピアレビュー調査)により選出された名医・専門医です。
 このピアレビュー調査は,医師に対して「もし,自分自身や家族が,自らの専門分野の病気にかかった時,自分以外の誰に治療を委ねるか」という観点から,他の医師について客観的評価を行い,最終的に一定以上の評価を得た医師が,名医・専門医(Best Doctors in Japan)として選出されるものです。
 あらゆる医学の領域ごとに毎年少人数が選定されますが、現在までに選考された日本のベストドクターは全領域で、のべ6500名と報告されています。

 本学では、今後も医師及び患者さんから支持を得られるような日本トップレベルの医療の提供に努めます。