お知らせ

医学部附属病院で医療ガス講習会を開催しました【8月25日(木)】

平成28年8月25日(木)医学部基礎第1講義室で,エヒメ酸素株式会社松山事業所 斎藤公司常務取締役所長を講師に迎え,平成28年度新規採用看護師を対象に医療ガス講習会を開催しました。

 この講習会は,職員研修として,新規採用看護師を対象に医療ガスの取り扱い方を学ぶことを目的に毎年開催しており,今回の講習には,71人の新規採用看護師等が受講しました。
 最初に,萬家俊博手術部長から「医療ガスの中には『薬事法』により医薬品として扱われているものもあります。この講習会で医療ガスの正しい取り扱いを学んでください。」と開講の挨拶がありました。続いて斎藤所長から「医療ガスの事故事例」や「ヒヤリハット」を挙げた医療ガスの取り扱いにおける注意点についての説明がありました。説明の中では,実際に酸素ボンベと線香の火等を用いて,酸素ガスの支燃性(可燃性物質の燃焼を助ける性質)について実験が行われ,酸素ガスの特性に応じた取扱いの必要性が示されました。説明の後,受講者たちは,調整器の取り付け等の操作を行い,医療ガスの取り扱い方について学びました。
 本院では,今後も継続的にこのような講習会を開催し,職員一人ひとりの安全に対する意識強化を図っていきます。

  • 医療ガスの事故事例を学ぶ受講者たち

  • 調整器の取り付け方法について学ぶ様子