お知らせ

大関日馬富士関が附属病院を慰問しました

平成24年3月28日(水),大関日馬富士関(伊勢ヶ濱部屋)が,附属病院を慰問しました。

 一行は,休む間もなく小児科病棟へ向かい,看護師たちの力作である土俵と,軍配で土俵入りを披露してくれました。子どもたちは,歓声をあげて日馬富士関を迎え,相撲を取ってもらったり,一緒に記念撮影をしたりしました。大関はその後も,新生児室や療養中の子どもを一人ずつ抱き上げながら,「私のパワーをあげよう,必ず元気になるよ」と声を掛け,看病をしている保護者をねぎらい,記念撮影をしてくれました。また,廊下やエレベーターホールでも,多くの方々に気軽にサインや記念撮影をしてくれました。日馬富士関の優しい人柄に,多くの人たちが魅せられました。元気をもらった子どもたちをはじめ,多くのファンが増えたことでしょう。  
 今回の来訪は,当院の小児科をはじめ,麻酔科,看護部,検査部などが長期にわたって進めてきたHeart Saving Project(モンゴルの心臓病の子どもたちの診療)というモンゴルへの医療援助に関するご縁で実現したものです。日本にもモンゴルにも,子どもたちの笑顔が増えるように努力していきたいと思います。