お知らせ

職員の懲戒処分について

職員の懲戒処分について

                                  平成29年1月13日 

               職員の懲戒処分について


   このことについて,平成29年1月13日付けで,本学医学部附属病院の契約職員に対し
  懲戒処分を行いましたので公表いたします。

                   記

  1 被処分者の所属・役職等
     附属病院・契約職員(男性 40歳代)

  2 処分の年月日
     平成29年1月13日

  3 処分内容
     懲戒解雇

  4 処分の概要
     当該契約職員が,松山市内の女性の自宅に合い鍵を使って侵入したなどとして,
    住居侵入罪・窃盗罪等の罪に問われ逮捕・起訴され,昨年12月26日に松山簡易裁
    判所にて有罪の判決が下されました。これを受け,懲戒審査会の審議を経て,懲戒
    解雇としたものです。

                                       以上

  本学の契約職員がこのような行為を行ったことは,誠に遺憾であり,被害を受けられた方
 及びご家族並びに関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。
  今後,このようなことが起こらないよう,職員に対して服務規律の一層の徹底を図るとと
 もに,再発防止,信頼の回復に努めて参ります。


                      愛媛大学医学部附属病院長 三浦 裕正