お知らせ

附属病院と四国がんセンターの協同企画で映画「大丈夫」上映会など開催

平成24年1月14日(土),愛媛大学医学部附属病院と四国がんセンターは,愛媛県生涯学習センター県民小劇場に於いて,映画「大丈夫。」の上映会を開催しました。

 上映後には,映画を撮った伊勢真一監督と出演した聖路加国際病院副院長の細谷亮太先生をお迎えし,両氏によるスペシャルトークセッションを行いました。この上映会は「がんの子供」や「親ががん患者である子供」を支えるために,両院が共同企画したものです。当日は寒い中にもかかわらず200人近くの方々にお越しいただき,関心の高さをうかがわせました。
 第二部では,「親ががん患者である子どものこころとその支援」「つながるいのち 〜家族で向き合うがんと遺伝〜 」「子どものために親ができること 〜乳がん検診の意義〜 」「地域を支える相談支援センター」というテーマでシンポジウムが行われました。医師,看護師,カウンセラーに細谷先生も交え,がん患者サロンや日常の相談の中でも,医療関係者の大きな悩みとなっている「子供にどのように病気の事を伝えるか?」ということについて話し合いました。
 今後のがん患者・家族サロンについて,大いに勉強になったことと思われます。