お知らせ

重信地区人権侵害防止講演会を開催しました【1月25日(木)】

平成30年1月25日(木)、医学部創立40周年記念講堂で、重信地区人権侵害防止講演会を開催し、教職員約150人が参加しました。

 この講演会は、重信地区人権侵害防止委員会が主催し、教職員・学生の人権問題(ハラスメント)についての正しい認識を養うとともに、人権侵害を防止し、より一層快適な教育環境及び職場環境を整えていくことを目的とし、平成24年度から毎年行っているものです。
 6回目となる今回は、医療法人鶯友会牧病院の牧徳彦理事長を講師にお招きし、「ハラスメントにならないために」と題してご講演いただきました。
 牧理事長は、各種調査や判例、厚生労働省の指針を踏まえた現状分析に加え、ハラスメントを予防するための方策、ハラスメントが起きてしまった場合の対応について、具体的な事例をもとにわかりやすくご講演されました。
講演終了後のアンケートでは、「牧理事長のお話はとてもわかりやすく、理解しやすかった。」「内容が盛りだくさんで、1時間では短いほどだった。」といった感想のほか、「アンガーマネジメント、アサーションの内容についても詳しく聞いてみたい。」といった意欲的な声も寄せられました。
 重信地区人権侵害防止委員会では、このような講演会活動等を通じて、今後も人権侵害防止に取組んでいきます。

  • 講演をする牧理事長

  • 会場の様子