お知らせ

済美高校の生徒が、医学部附属病院で職場体験を実施しました

平成30年6月11日(月)、12日(火)、将来看護師を目指す済美高校の1~3年生40人が当院で職場体験を行いました。

 当院では、将来愛媛県の医療を担う医療関係者を育てるため、近隣学校の職場体験等を受入れ、現場で実際に医療に触れてもらう活動を行っています。
 まず生徒はナース服に着替え、病院内を見学しました。手術室やICU、患者図書館、あいあいキッズ等を見学し、担当した看護師の話をメモしたり、積極的に質問をしていました。その後、各病棟に分かれ、車椅子移送や清潔援助などの看護師の業務を見学・体験し、患者さんとも接しました。
 体験後の質疑応答の際には、実際に体験することで、教科書や講義では気づかない細やかな配慮が必要なことが分かり、勉強になったといった感想がありました。
 村上しおり副看護部長からは、患者さんと接する際に、いろいろな経験を積んでいればコミュニケーションに役立つので、学生時代に多くの体験をし、よい看護師になってくださいと激励の言葉がありました。
 実際の病院での職場体験は、看護師を目指す生徒にとって、貴重な時間となったようです。当院では今回のような職場体験をとおし、生徒が愛媛県の医療を担う医療関係者を目指すきっかけにしてほしいと考えています。

  • 看護体験の様子

  • 村上副看護部長の挨拶の様子

  • 集合写真