お知らせ

本院小児科病棟において,病院プラネタリウムを上映しました【12月12日(水)】

平成30年12月12日(水),本院小児科病棟においてプラネタリウムを上映し,入院中の患者さんやその保護者ら約30人が参加しました。

 このイベントは,小児の入院患者さんを元気づけることを目的に,公益財団法人愛媛腎臓バンクが主催して実施したもので,病院でプラネタリウムを上映するのは四国で初めてとなります。
 当日は,科学的根拠に基づきつつも物語を大切にし,星を介して人をつなぐ活動を行っている団体「一般社団法人 星つむぎの村」が主体となり,本院のNICU及び小児科病棟プレイルームで上映を行いました。
 上映には,星つむぎの村のスタッフから解説が加えられ,季節毎に夜空に見える星座の紹介や宇宙から見た地球のほか,宇宙を構成する惑星の成り立ちなど,一つの物語として説明がありました。参加した子どもたちからは,知っている星や臨場感のある宇宙の姿に驚きの声があがるなど,院内での宇宙旅行を満喫している様子でした。

  • 森田会長による挨拶

  • 天井に映し出された宇宙から見た地球