お知らせ

令和元年度七夕コンサートを開催しました

令和元年8月5日(月)、医学部附属病院にて七夕コンサートを開催しました。

 当院では、毎年七夕の恒例行事として行っており、今回は愛媛大学医学部の奇術部と吹奏楽部の学生たちが、パフォーマンスや演奏を披露し、患者さんやご家族、職員等約250人が参加しました。
 久保幸副病院長の開会挨拶の後、奇術部の学生によるパフォーマンスがあり、ジャグリングや手品などが成功する度に、会場からは歓声や拍手が起こりました。続いて吹奏楽部の学生たちが迫力のある演奏を披露し、多くの患者さんやご家族がその音色に足を止め、会場は聴衆でいっぱいになりました。また、「ふるさと」の演奏時には、患者さんにも歌詞カードをお渡しし、一緒に合唱しました。プログラム終了後、会場からアンコールの声があり、「学園天国」を追加演奏しました。
 外来ホールに集まった患者さんは、学生たちのパフォーマンスや演奏に笑顔で拍手をしたり、演奏に合わせて掛け声や手拍子をしたりして、楽しいひとときを過ごしました。

  • 奇術部によるパフォーマンス

  • 吹奏楽部による演奏