お知らせ

医学部附属病院患者図書室「ひだまりの里」オープンセレモニーを実施

平成23年5月23日(月)に,附属病院患者図書室「ひだまりの里」オープンセレモニーを実施しました。

 この図書室は,外来及び入院中の患者さんが,自らの病気や治療,検査,処置等について調べることが可能な医療用図書と,従来からの一般図書を含めた患者図書室であり,NPO法人「医療の質に関する研究会」からの寄附によりできたものです。
 オープンセレモニーでは,まず,横山雅好医学部附属病院長から挨拶があり,続いて,NPO法人「医療の質に関する研究会」の郡司篤晃理事長の挨拶及び,日野原重明名誉理事長からのDVDメッセージが上映されました。
 その後,郡司理事長から患者図書室に寄贈いただく品一式の目録贈呈,横山病院長からNPO法人「医療の質に関する研究会」への感謝状の贈呈が行われました。
 図書室開設のテープカットが行われた後,田渕典子看護部長より図書室の概要説明があり,関係者は図書室の設備や図書を内覧しました。
 患者図書室を利用いただくことで,多くの外来患者さんや入院患者さんに落ち着いた環境の中で幅広く自らの症状や治療を理解していただき,大学病院として患者・家族参画型のチーム医療の充実,より一層の発展に寄与できるものと期待しております。皆様もぜひこの患者図書室をご利用ください。