受診・診療科のご案内

受診科を疾患名でみる

疾患名が分かっているなら

診療科 疾患名
血液内科 貧血(鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、悪性貧血、腎性貧血など)、白血病、骨髄異形成症候群、骨髄腫、リンパ腫などの血液腫瘍疾患、出血性疾患、血栓性疾患、血友病、免疫不全症
膠原病・リウマチ内科 全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、多発性筋炎、皮膚筋炎、強皮症、混合結合織病、シェーグレン症候群、ベーチェット病など。
感染症内科 細菌感染、ウイルス感染、真菌感染、リケッチア・クラミジア感染症、寄生虫疾患など全ての感染症疾患。
循環器内科 動脈疾患、弁膜疾患、心筋疾患、心膜疾患、心臓腫瘍、先天性心疾患、感染性心内膜炎、うっ血性心不全、不整脈、大動脈疾患、肺循環、高血圧症等
呼吸器内科 気管支喘息、間質性肺炎(肺線維症)、膠原病肺、サルコイドーシス、肺癌、肺気腫、細菌性肺炎、肺真菌症、抗酸菌感染症、慢性気管支炎、急性および慢性呼吸不全
腎臓内科 糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、多発性のう胞腎など
高血圧内科 高血圧
消化器内科 食道癌、食道静脈瘤、食道炎、胃癌、胃・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症、胃ポリープ、急性胃粘膜病変、慢性胃炎、大腸癌、大腸ポリープ、急性虫垂炎、イレウス(腸閉塞)、B型肝炎、C型肝炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、大腸炎、急性肝炎、劇症肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、アルコール性肝障害、薬による肝障害と消化管障害、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、胆石症、胆のう炎、胆管炎、胆のう癌、胆管癌、胆のうポリープ、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵癌など
内分泌内科 視床下部・下垂体疾患(機能異常や腫瘍など)、尿崩症、甲状腺疾患(バセドウ病、慢性甲状腺炎、甲状腺腫瘍など)、副甲状腺疾患(高カルシウム血症、低カルシウム血症、骨粗しょう症など)、副腎疾患(クッシング症候群など)、性腺機能低下、更年期障害、乳汁分泌、など
代謝内科 糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリック症候群、痛風・高尿酸血症、骨粗しょう症、電解質異常、など
糖尿病内科 1、2型を含めてすべての成人の糖尿病を対象としております。
老年内科 高齢期の疾患

認知症、アルツハイマー病、骨粗鬆症、排尿障害、ウェルナー症候群などの早期老化症候群など
呼吸器疾患

肺気腫、慢性気管支炎、気管支炎、肺炎、喘息など
循環器・腎疾患

高血圧、低血圧、不整脈、心不全、狭心症、腎炎、ネフローゼ、腎不全、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、脳梗塞、脳卒中など
内分泌・代謝疾患

甲状腺疾患
高脂血症、痛風など
神経内科 神経系の感染症
髄膜炎、脳炎など

脳血管障害
脳出血、脳梗塞など

中枢神経炎症性疾患
多発性硬化症など

神経系の変性疾患
パーキンソン病、脊髄小脳変性症、運動ニューロン疾患、認知症など

脊髄疾患
脊髄炎、頚椎疾患、HAMなど

末梢神経疾患
ギランバレー症候群、CIDP、その他末梢神経障害

発作性疾患
てんかん、失神など

頭痛
片頭痛、緊張性頭痛など

内科疾患に合併する神経障害
血液、内分泌、肝、腎肺疾患、膠原病など

筋疾患
筋ジストロフィー、多発筋炎、重症筋無力症など
総合診療科 内科全般(例えば感染症、悪性腫瘍、多彩な症状を呈する疾患、診断が未確定の病態など)
薬物療法内科 1.頭痛、けいれんなどの発作性疾患、パーキンソン病、斜頚、四肢ジストニアなどの異常運動疾患、脳血管障害、脊髄疾患、末梢神経疾患、筋疾患、免疫性神経疾患、脳炎・髄膜炎・脊髄炎・筋炎等の感染症、先天異常
2.治療薬の開発の必要な難病
3.薬物の副作用、アレルギー、中毒など
4.新しい治療法を必要とする治療困難な疾患
消化器外科 消化管の癌(食道癌、胃癌、大腸癌、など)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)の他、食道良性疾患(食道アカラシア、逆流性食道炎、虫垂炎など)が代表的なものです。他には鼠径ヘルニアなどの疾患も対象としています。
心臓血管外科 ・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心室瘤、心室破裂)
・弁膜症(僧房弁、大動脈弁、三尖弁の狭窄症、閉鎖不全症)
・先天性心疾患 (心房中隔欠損、心室中隔欠損、ファロー四徴症など、その他複雑心奇形)
・大動脈疾患(胸部・腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤)
・末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、急性動脈閉塞、バージャー病、多汗症など)
・不整脈(心房細動に対するメイズ手術など)
呼吸器外科 肺腫瘍性疾患 (原発性肺がん、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍など)、肺嚢胞性疾患 (肺嚢胞、気胸など)、気道疾患 (気管腫瘍、気管支腫瘍など)、感染性肺疾患(肺アスペルギルス症、肺膿瘍、膿胸など)、縦隔疾患 (胸腺腫、縦隔奇形腫、先天性嚢胞、重症筋無力症など)、胸壁・胸膜疾患 (胸壁腫瘍、胸膜中皮腫など)。
小児外科 当診療科は、愛媛県における小児外科診療の基幹病院として、小児外科専門医が常勤している小児外科学会認定施設であり、外科的疾患を有する小児の患者さんを、急患も含めて、広く積極的に受け入れています。
当科で診療を行っている主な疾患を以下に示します。

1.頭頸部:副耳、耳前瘻、頸部腫瘤、正中頚嚢胞(瘻)、側頚嚢胞(瘻)、頚部化膿性リンパ節炎、異物誤嚥・誤飲など

2.胸部:気胸、肺嚢胞性疾患、肺分画症、縦隔腫瘍、漏斗胸など

3.腹壁:鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、腹壁破裂、総排泄腔外反症、臍肉芽腫など

4.消化管:先天性食道閉鎖症、先天性食道狭窄症、食道アカラシア、突発性胃破裂・穿孔、胃軸捻転症、肥厚性幽門狭窄症、先天性十二指腸閉鎖・狭窄症、先天性小腸閉鎖・狭窄症、腸回転異常症・腸軸捻転症、急性・慢性虫垂炎、腸重積症、壊死性腸炎、特発性腸穿孔、胎便性腹膜炎、臍腸管遺残症(臍腸管瘻・臍洞、メッケル憩室)、尿膜管遺残症(尿膜管瘻・臍瘻、膀胱憩室)、先天性結腸閉鎖・狭窄症、消化管ポリープ、消化管重複症、炎症性腸疾患(クローン病・潰瘍性大腸炎)、ヒルシュスプルング病、慢性便秘症、鎖肛(直腸肛門奇形)、直腸・肛門脱、痔瘻、肛門周囲膿瘍、裂肛、消化管異物など

5.肝胆膵脾:胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、膵・管胆道合流異常症、門脈圧亢進症、肝腫瘍、膵腫瘍、脾腫、脾嚢胞など

6.泌尿生殖器:停留精巣、精巣捻転、精索水腫・陰嚢水腫、包茎、先天性水腎症、水尿管症、膀胱尿管逆流症、卵巣嚢腫、水子宮腟症など

7.腫瘍:神経芽腫、腎芽腫(ウィルムス腫瘍)、肝芽腫、奇形腫、横紋筋肉腫、リンパ管腫、血管腫、類比嚢腫、精巣腫瘍など

8.その他:胸部・腹部外傷、腹腔内出血など

(各小児外科疾患に関する詳しい説明については、日本小児外科学会のホームページの中の『小児外科で治療する病気』http://www.jsps.gr.jp/english/general/diseaseも参照ください。)
肝臓・胆のう・膵臓・移植外科 肝臓・膵臓・胆管・胆嚢の癌、肝嚢胞、胆石症、良性膵腫瘍、脾腫・脾腫瘍、肝硬変や劇症肝炎などの肝移植の対象となる疾患
精神科 統合失調症。うつ病。パニック障害。器質・症状精神病。認知症に関連する精神症状。児童・青年期精神疾患。ただし、当科にて対応できない場合は、適切な医療機関その他を紹介するか、治療をお断りする場合があります。
小児科 1.血液・腫瘍・免疫疾患:白血病、悪性リンパ腫、固形腫瘍、造血障害、免疫不全など
2.循環器:先天性心疾患(成人期も含む)、肺高血圧症、心筋症、不整脈、川崎病など
3.新生児疾患:先天奇形、代謝疾患、早産・低出生体重児などの周産期管理・発達フォローなど
4.神経・筋疾患:てんかん、先天性ミオパチー、筋ジストロフィー、精神運動発達遅延の精査など(神経性食思不振症、心身症、不登校などの精神疾患は子どものこころセンターに紹介させて頂きます)
5.代謝・内分泌疾患:糖尿病(学校検尿異常も含む)、ガスリー検査異常の精査、小児生活習慣病(健診の事後指導も含む)、低身長症、甲状腺、副腎、性腺疾患、夜尿症など
6.喘息・アレルギー疾患:食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など
7.遺伝性疾患・その他:ダウン症候群、ターナー症候群等の染色体異常、ネフローゼ症候群、IgA腎症等の腎疾患、SLE、関節リウマチ等の膠原病など
脳神経外科 脳腫瘍
神経膠腫、髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経腫瘍、胚細胞性腫瘍、間脳下垂体腫瘍、髄膜腫、頭蓋底腫瘍、悪性リンパ腫など

脳血管障害
脳動脈瘤、脳静脈奇形、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など

脊髄・脊椎疾患
椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、脊髄腫瘍など

小児脳神経外科
水頭症、先天異常、小児脳腫瘍、髄膜瘤など

機能的脳神経外科
てんかん、顔面けいれん、三叉神経痛など

頭部外傷
慢性硬膜下血腫、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫など

その他
特発性正常圧水頭症など
整形外科 ○関節疾患
上肢:
腱板断裂、肘関節症、手の外科、

下肢:
変形性股関節症、大腿骨頭壊死、 変形性膝関節症・靭帯損傷・半月板損傷等の膝関節障害、 外反母趾・内反足

その他:
関節リウマチなどのリウマチ性疾患、骨粗鬆症、先天性疾患
四肢の短縮・変形、脱臼・骨折等の外傷、
化膿性骨髄炎・関節炎などの感染症

○脊椎・脊髄: 神経・筋疾患、頚椎症性脊髄症、椎間板ヘルニア、靭帯骨化症、 側弯症、脊柱管狭窄症、
○腫瘍:骨・軟部の腫瘍
皮膚科 湿疹、皮膚炎、紅皮症、紅斑、紫斑、血管・リンパ管の疾患、じんま疹、 痒疹、皮膚そう痒症、中毒疹、薬疹、水疱性・膿疱性疾患、角化症、 色素異常症、膠原病および類縁疾患、皮下脂肪織炎、皮膚付属器疾患、 代謝異常症、母斑症、皮膚良性腫瘍、皮膚悪性腫瘍、細菌性皮膚疾患、 皮膚結核、皮膚真菌症、褥瘡など
形成外科 形成外科が取り扱う主な診療分野は以下のとおりです。
熱傷、顔面外傷、顔面骨骨折、唇裂、口蓋裂、頭蓋顎顔面の先天形態異常、悪性・良性皮膚腫瘍、あざ、血管腫、血管奇形、きずあと、ケロイド、顔面神経麻痺、難治性潰瘍、褥瘡
泌尿器科 泌尿器腫瘍(腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣腫瘍など)
腎不全、尿失禁、神経因性膀胱、尿路結石、男性不妊
眼科 白内障、緑内障、眼表面・角膜疾患、アレルギー性結膜炎、ドライアイ、老視、加齢黄斑変性、網膜剥離、糖尿病網膜症、 腫瘍、斜視・弱視、神経眼科、涙器
、ぶどう膜炎
放射線診断科 甲状腺癌、甲状腺機能亢進症など放射性ヨード内服治療を要する甲状腺疾患。放射性同位元素、内用療法を必要とする転移性骨腫瘍(メタストロン)、悪性リンパ腫(ゼヴァリン)。IVR治療が適応になる疾患。CT、MRIなどの画像診断が必要な心臓疾患。PET-CTが適応となる悪性腫瘍。その他、診断が困難で高精度な画像診断を必要とする疾患。
放射線治療科 中枢神経腫瘍(脳腫瘍など)、頭頸部腫瘍(喉頭癌、咽頭癌、口腔癌など)、肺癌、乳癌、消化器腫瘍(食道癌など)、婦人腫瘍(子宮癌など)、泌尿器腫瘍(前立腺癌、膀胱癌など)悪性リンパ腫、骨髄腫、皮膚癌、骨軟部腫瘍、小児悪性腫瘍(神経芽腫、横紋筋肉腫など)、良性疾患(ケロイド、血管腫、脳動静脈奇形など)
産婦人科 婦人科
良性疾患: 腟・外陰炎など(性行為感染症)、月経異常、子宮筋腫・子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣腫瘍、バルトリン腺嚢胞、子宮奇形など
悪性疾患: 子宮悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・子宮肉腫)、卵巣悪性腫瘍、外陰悪性腫瘍、腟悪性腫瘍など
更年期: 更年期障害、骨粗鬆症、尿失禁、子宮脱など
思春期診療: 早発月経、腟・外陰炎、卵巣腫瘍など

産科
妊娠中の感染症、子宮外妊娠、妊娠高血圧症候群・子癇、合併症妊娠、切迫流・早産、頸管無力症、常位胎盤早期剥離、前置胎盤、胎児奇形、出生前診断、胎盤機能不全、胎児発育遅延、巨大児、微弱陣痛、前期破水、羊水穿刺、絨毛採取など

不妊症
現在、新規の患者様の受け入れは行っておりません。
麻酔科蘇生科 癌の痛み、三叉神経痛、群発頭痛、片頭痛、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、CRPS、神経因性痛、椎間板ヘルニア、末梢血行障害(バージャー病、閉塞性動脈硬化症など)、顔面痙攣、線維筋痛症
歯科口腔外科 腫瘍(口腔顎顔面領域の良性・悪性腫瘍)
顎変形症(唇顎口蓋裂、外科療法が必要な上顎前突・下顎前突・開咬など)
嚢胞性疾患(歯根嚢胞、含歯性嚢胞、粘液嚢胞など)
外傷(歯牙脱臼、顎顔面骨折など)
顎関節疾患(顎関節症、顎関節脱臼など)
炎症(歯槽膿瘍、智歯周囲炎、歯性上顎洞炎、顎骨骨髄炎など)
口腔粘膜疾患(ウィルス感染症、難治性口内炎、白板症、扁平苔癬など)
歯科小手術(難抜歯、埋伏歯抜歯、歯根端切除、歯周外科手術など)
その他(睡眠時無呼吸症候群、三叉神経痛など)
一般歯科疾患(有病者、小児、障害者等のみ)
痛みセンター 三叉神経痛、各種頭痛、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、CRPS(反射性交感神経性異栄養症、カウザルギー)、神経損傷後疼痛、手術後疼痛、脊椎に由来する痛み(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)、各種神経痛
外来診察担当表
低侵襲・がん治療センター 胆石、総胆管結石、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシア、早期肺癌、気胸、鼠径・大腿ヘルニア、早期胃癌、大腸癌、脾臓疾患、副腎腫瘍、多汗症、下肢静脈瘤
循環器病センター 先天性心疾患、虚血性心疾患、不整脈、弁膜疾患、心筋疾患、心膜疾患、心臓腫瘍、感染性心内膜炎、うっ血性心不全、大動脈疾患、肺高血圧症、高血圧症等
脊椎センター 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頸椎症性脊髄症、脊椎・脊髄の腫瘍、側弯症、感染、脊椎・脊髄損傷など
乳腺センター 乳腺疾患(主に乳がん)
睡眠医療センター 睡眠時無呼吸症候群,過眠症(ナルコレプシー,特発性過眠症など)、レストレスレッグス症候群、睡眠時随伴症(レム睡眠行動障害,睡眠時遊行症(夢遊症)など)、概日リズム睡眠障害(睡眠覚醒リズム障害)、不眠症
子どものこころセンター 自閉スペクトラム症,注意欠如・多動症,知的障害,うつ病,不安障害,強迫性障害,統合失調症,適応障害,睡眠障害(不眠障害,睡眠-覚醒リズム障害など).