関連部門

ボランティア

ボランティアは、地域の皆様のご厚意で活動しています。

  • ボランティアの活動風景「玄関前でお出迎え」

ボランティアの活動【外来部門】

■活動
【外来部門】

・診療手続きの説明、案内及び書類作成の補助
・受診診療科、レントゲン室、CT室、検査室等への案内
・病院内移動の補助(車椅子、歩行困難者等への介助)
・通訳、手話
・中庭の花の手入れ

ボランティアの活動【病棟部門】

・入・退院の案内や荷物搬送の補助
・食事や入浴介助の補助
・病院内移動の補助(車椅子、歩行困難者等の介助)
・患者の話し相手や散歩
・花の手入れ
・通訳
・子守
・こどもの学習指導
・タオルのロール巻き

ボランティアの活動【図書部門】 患者図書室「ひだまりの里】

ボランティアの活動【折り紙教室部門】

ボランティアの活動【環境美化部門】

ボランティアの活動【花壇部門】病院玄関前ロータリーの花壇

行事

クリスマスツリー設置

平成17年11月25日(金)、医学部附属病院外来待合いロビーに、病院ボランティア「いきいき会」のメンバーがクリスマスツリーを設置しました。このクリスマスツリーの設置は、「いきいき会」より提案があり実現したもので、病院ボランティアによる設置は今年が初めてのことです。ボランティア室でツリーの飾り付けをした後、外来待合いロビーへ設置しました。ツリーの電飾を灯すと、待合いロビーの雰囲気が和やかになり、患者の表情も穏やかになったようでした。
このツリーは12月末まで設置され、患者や職員の目を楽しませてくれるでしょう。

病院ボランティア活動員の方へ感謝状贈呈

  • 感謝状を贈呈されたお二人を囲んで

平成17年6月30日(木)、附属病院ボランティア活動員の方に対する感謝状の贈呈式を実施しました。この感謝状は病院ボランティア活動員の中でも特に多大な貢献のあった方に対し病院長から感謝状を贈呈するものです。贈呈式ではボランティア活動員と院内のボランティア委員会委員、病院長、副看護部長が参加し、和やかな雰囲気の中で執り行われました。

始めにボランティア委員会三木委員長から「外来玄関において笑顔で患者のお迎えをされるボランティア活動員さんの姿に患者はほっとされ、患者サービスの向上に大きな成果を上げてくださっている」とお礼の挨拶がありました。次に大橋病院長から、「法人化2年目に入り、附属病院は患者サービスの向上のため努力している。その中でもボランティア活動員さんは重要な役割を担っていただいています。また、病院再開発の一環でボランティア室を新しくしたので、そちらを活用してますます活躍してください。」と挨拶があった後、田渕副看護部長から、「これから始めようとする新しい患者サービスについてもわれわれスタッフと一緒になって活動していただきたいので、協力方よろしくお願いします。」と挨拶がありました。

感謝状は、附属病院ボランティアグループ「いきいき会」の設立当時から中心となって活動していただいている高月笑子さんと週2日のボランティア活動を通して通算212時間にものぼる活動をしていただいている大西記代子さんのお二人に、病院長から記念品を添え贈呈され、贈呈を受けたお二人の活動員からそれぞれお礼の言葉が述べられました。<nr ?

その後昼食を兼ねた懇談会が開催され、ボランティア活動員と病院スタッフとがこれからの活動の抱負や、病院への要望などについて意見交換をおこない、有意義な時間を過ごしました。

愛媛大学医学部附属病院でボランティア活動に参加してみませんか?

詳細は、ボランティアいきいき会のホームページに掲載しております。
お気軽に、ご応募下さい。 心よりお待ちしております。