内科

総合診療科

各診療科は非常に広い範囲にわたるので、近年は臓器別あるいは系統別の専門領域に細かく分かれてきています。しかし、病気のなかには単純に臓器別、あるいは系統別に細分化された特定の領域の範囲内だけでは診ることの難しい状態もあります。このような細分化された特定の領域内だけでは診療できないもの、原因不明な症状、病態などを対象として、幅広い知識を駆使して医療面接,身体診察などを重視し、良好な医師・患者関係を築きながら総合的・全人的にアプローチしてゆく診療科です。

次のような症状を扱っています。

あらゆる症状が対象になります。細分化された各科領域が対象とする症状や病気はその領域の名称から理解できると思われますが、逆に同じ症状でも別の領域の病気が原因のこともあります。それぞれの専門領域が対象としている臓器や病気と症状は重なるが、その領域では解決できない症状や原因不明の症状(例えば発熱、全身倦怠感、発疹など)をすべて扱っています。

当診療科の対象疾患

内科全般(例えば感染症、悪性腫瘍、多彩な症状を呈する疾患、診断が未確定の病態など)

メッセージ

症状だけからは、どの臓器の病気か決められないことは多々あります。例えば、「息切れ」や「動悸」は循環器、呼吸器、あるいは血液の領域の病気のいずれでもきます。これらの臓器の変化の背景には膠原病や糖尿病など、他の領域の病気があることもあります。さらに、これらと全く関係のない「心の状態」が原因でおこってくる場合もあります。従って、患者ご自身ではどの科を受診したらよいか、症状だけではきめられない場合もありますので、大学病院が特定機能病院としての機能を十分に発揮するためには、患者はかかりつけの医師や医療機関からの紹介で受診されるのが最も好ましい受診の仕方です。

外来診療予定表(五十音順)

備考
高田 清式
安川 正貴
熊木 天児
千崎 健佑
川本 龍一
二宮 大輔
総合診療科

専門分野(五十音順)

川本 龍一 一般内科(日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本老年医学会専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本超音波医学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医)
熊木 天児 総合診療、プライマリ・ケア、内科(特に肝胆膵疾患)、医学英語(海外診療経験有)(日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医)
千崎 健佑 一般内科、老年内科、神経内科
高田 清式 一般内科、感染症、腫瘍、消化器病、血液病、免疫(日本内科学会認定専門医、日本血液学会専門医、日本消化器内視鏡学会認定専門医、日本感染症学会専門医、ICD )
二宮 大輔 一般内科(日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医、日本内科学会認定医)
安川 正貴 一般内科、血液疾患、感染症、不明熱、総合内科(日本血液学会専門医、日本感染症学会専門医、日本内科学会専門医、ICD)