内科

膠原病・リウマチ内科

当科では、膠原病およびリウマチ疾患を専門的に診療しております。

次のような症状を扱っています。

発熱、関節炎、皮疹、脱毛、腎障害、皮膚硬化、口内炎、筋力低下、口渇、眼乾燥感、呼吸困難、咳、易疲労感、腹痛、食欲不振、など

当診療科の対象疾患

全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、多発性筋炎、皮膚筋炎、強皮症、混合結合織病、シェーグレン症候群、ベーチェット病など。

メッセージ

膠原病・リウマチといえば難病というイメージがありますが、治療の必要な膠原病もあれば必要のない膠原病もあります。近年、治療も進歩し、生命予後も良くなってきております。またアレルギーないし自己免疫病も、新しい治療法や生活習慣の変更が必要になっております。分からないこと、知りたいことがあれば、担当医に遠慮なく、ご質問ください。

外来診療予定表(五十音順)

備考
長谷川 均
末盛 浩一郎
石﨑 淳
長谷川 均
佐田 栄司
松本 卓也
松本 卓也
第一内科
末盛 浩一郎
(午後:再診のみ)

専門分野(五十音順)

石﨑 淳 膠原病・リウマチ(日本内科学会認定内科医、日本リウマチ学会専門医)
佐田 栄司 リウマチ、膠原病内科(日本リウマチ学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本感染症学会専門医・指導医)
末盛 浩一郎 膠原病・リウマチ(リウマチ学会専門医、日本感染症学会専門医、ICD)
長谷川 均 膠原病・リウマチ(リウマチ学会専門医・指導医、日本感染症学会専門医・指導医、日本内科学会専門医・指導医、ICD)
松本 卓也 膠原病・リウマチ(日本リウマチ学会専門医、日本内科学会専門医)