患者支援・相談部門

がんゲノム検査外来

がんゲノム検査は、一人ひとりのがんの発症に関連している遺伝子の変異を調べ、
患者さんのがんの診断や治療に役立つ情報を得ることを目的としています。
愛媛大学医学部附属病院は、平成30年4月に厚生労働省より「がんゲノム医療連携病院」に指定され、
京都大学医学部附属病院と連携し、がんゲノム検査を実施しています。

メッセージ

詳しくは下の関連情報からがんゲノム検査外来ウェブサイトを御覧ください。