外科

心臓血管外科

当科は新生児を含む小児から成人、高齢者まで、あらゆる年齢の患者に対応する外科治療を主に行う診療科です。心臓病、大動脈、末梢血管の疾患に対する手術と交感神経に対する外科治療を行っています。

次のような症状を扱っています。

胸痛、背部痛、動悸、息切れ、呼吸困難、ふらつき、めまい、失神、(歩行時の)下肢痛、四肢冷感、チアノーゼ、こむら返り、下肢だるさ・潰瘍、顔面・手掌・腋窩の多汗

当診療科の対象疾患

・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心室瘤、心室破裂)
・弁膜症(僧房弁、大動脈弁、三尖弁の狭窄症、閉鎖不全症)
・先天性心疾患 (心房中隔欠損、心室中隔欠損、ファロー四徴症など、その他複雑心奇形)
・大動脈疾患(胸部・腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤)
・末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、急性動脈閉塞、バージャー病、多汗症など)
・不整脈(心房細動に対するメイズ手術など)

メッセージ

心臓血管外科は、病院により手術方法、手術成績に違いがあります。満足のいく手術を受けていただくために患者にとって最も重要なことは『病院選び』です。当科は、これからの『患者が病院を選ぶ時代』に、安心して選べる診療科を目指します。日常の診療だけでなく地域との連携を通して、患者、家族、紹介医が満足できる質の高い医療と手術成績を目指します。 当科での手術を希望される患者は紹介受診、セカンドオピニオン受診をご利用ください。

当診療科の主な手術

冠動脈バイパス術

狭心症や心筋梗塞の冠動脈疾患に対してカテーテル治療が安全に行われるようになっていますが、治療に抵抗性、あるいは適応外のために外科的治療が必要になることがあります。冠動脈バイパス術はそういった患者に行われる手術です。当科では人工心肺を使用しない『体にやさしい』心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプバイパス術)を第一選択とし、高齢者や併存症のある患者にも安心して手術が受けていただけるように努めています。



弁膜症手術(弁形成術、弁置換術、メイズ手術)

近年、高齢者の弁膜症患者が増えており、今までに適切な手術を受けておられない方が見うけられます。入退院を繰り返し、生活の質(QOL)が低下し死期を早めることになります。QOLを向上させ予後を改善させることが手術の目的です。自己弁を温存する手術手技【弁形成術】の工夫により、術後のQOLは飛躍的に向上しています。通常心臓手術は胸に20cm以上の皮膚切開が必要ですが、当科では症例によっては7cmの皮膚切開 【低侵襲心臓手術】で行っています。また弁膜症患者に多い心房細動に対してもメイズ手術の追加により80%の患者が治癒しています。



小児心臓手術(先天性心疾患)

先天性(生まれつき)心疾患には多くの種類があります。心房中隔欠損、心室中隔欠損という心臓の壁に穴の開いている病気から、静脈血が心臓の中で交じり合い、体に静脈血が流れ込み、チアノーゼを呈する複雑な病気まであります。疾患によっては生直後から手術が必要な場合や、中には3回、4回手術をして心内修復が終わる複雑な病気もあります。疾患名が同じでも、治療方法が異なることがあり、個々に細かな診断を行い、その子に合った治療方法が選択されます。カテーテルによる治療も含めた比較的侵襲の少ない治療を第一に考え、小児科、循環器科と合同で治療方針を決定していきます。また、子供たちの将来のことを考慮し、疾患によっては傷を小さくする手術(皮膚小切開手術)を行い、また、血液を輸血しないような努力(自己血輸血、無輸血手術)も行っております。退院後もケアの必要なお子さんには地域医師や在宅看護ステーションと連絡を取り安心な体制を整えております。愛媛県の協力を得ながら遠方から来られる家族のための宿泊施設も充実しております。2010年度には小児外科系病棟が新たに稼働する予定です。患者さん一人当たりの看護師の人数が増やされており、手厚い看護が行われるようになっています。小児科系専門医師たちがその対応にあたります。



大動脈疾患に対する人工血管置換術、ステントグラフト内挿術

大動脈瘤は破裂の危険を伴う非常に恐ろしい病気です。そのため特に症状がなくても手術を行います。待機手術の危険は、破裂後に行う手術の危険率に比べてはるかに低く安全です。急性大動脈解離(解離性大動脈瘤)は、激しい痛みと循環不全を伴い、解離の場所によっては速やかに手術を行わなければ命にかかわる病気です(24時間以内の死亡率約50%)。当科では、救急、紹介患者の緊急手術に対応できる体制をとっています。

末梢血管、交感神経に対する手術

一般的な外科治療の他、最近の新しい治療を積極的に行っています。

・閉塞性動脈硬化症の血管内治療およびバイパス手術。
・内視鏡的筋膜下穿通枝切離術(SEPS)を併用した下肢静脈瘤手術。
・美容的配慮をした胸腔鏡、ハイビジョンシステムを用いた多汗症に対する低侵襲手術。

外来診療予定表(五十音順)

備考
泉谷 裕則
八杉 巧
八杉 巧
(水・金の初診は要連絡)
浪口 謙治
(午前VAD専門外来)(午後予約)
打田 俊司
先天性心疾患(小児科外来にて診察)

専門分野(五十音順)

泉谷 裕則 心臓・血管外科、低侵襲心臓手術(日本外科学会専門医、心臓血管外科専門医・修練指導者、植込型補助人工心臓実施医 )
打田 俊司 小児心臓血管外科、成人先天性心疾患の外科治療、心臓血管外科(心臓血管外科専門医、修練指導医、日本外科学会 認定医、専門医、指導医、日本胸部外科学会 認定医、専門医、指導医、日本移植学会 認定医、小児補助人工心臓実施医 )
小嶋  愛
浪口 謙治
八杉 巧 血管外科(日本外科学会指導医・専門医、日本脈管学会専門医、日本消化器外科学会認定医 )