外科

呼吸器外科

今年度より、呼吸器センターの外科部門として、さらに充実した総合的な診療が可能となりました。肺を中心に、縦隔、胸膜、胸壁など、一般胸部(呼吸器)に関連した疾患に対する外科的治療(手術)を、内科や放射線科等と協力しながら行っております。

当診療科入り口、外科外来です。

次のような症状を扱っています。

肺癌検診や、胸部レントゲン、CTなどで異常を指摘された場合の精密検査、咳嗽、喀痰、血痰、胸痛、呼吸困難など。

当診療科の対象疾患

肺腫瘍性疾患 (原発性肺がん、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍など)、肺嚢胞性疾患 (肺嚢胞、気胸など)、気道疾患 (気管腫瘍、気管支腫瘍など)、感染性肺疾患(肺アスペルギルス症、肺膿瘍、膿胸など)、縦隔疾患 (胸腺腫、縦隔奇形腫、先天性嚢胞、重症筋無力症など)、胸壁・胸膜疾患 (胸壁腫瘍、胸膜中皮腫など)。

メッセージ

われわれ愛媛大学医学部附属病院呼吸器センター外科部門の、肺がんをはじめとする病気に対する治療法の選択は、(1)エビデンス(科学的根拠)やガイドラインに基づく治療法を的確に選択する、(2)先進医療(研究・開発された新しい治療法のうち、ある程度実績が積まれたもの)を積極的に取り入れる、そして(3)患者やご家族のご意思を尊重する。という3つの観点より選択し、施行するようにしております。さらに細かく申しますと、(1)のエビデンスに基づく治療は、i) 肺癌の種類(病理組織分類)、ii) 臨床病期(病気の進行度)、 iii) 患者の体力・呼吸機能・合併疾患など、の3つの要素を総合的に判断して選択いたします。そこに新しい手術術式や化学療法(分子標的薬など)、定位放射線療法など先進的な治療法の適応を加味して決定することとなります。

われわれが行っている外科的治療(手術)に関しましても、いろいろな新しい工夫を行うことによって、体に優しく(低侵襲)、なおかつより完全に治す(根治性を高める)ことを目指し、実行しております。

具体的には、患者の負担を軽減するために、(1)胸腔鏡下手術、(2)縮小手術 (区域切除・部分切除・リンパ節郭清の省略など)を積極的に行っております。まず胸腔鏡下手術ですが、これは、手術に際して胸につける傷を小さくし、その結果術後の痛みや呼吸機能の落ち込みを減らす方法です。われわれは基本的に、1~2cmの孔1ないし2か所と、約6cmの小さな開胸創1か所で、比較的早期の原発性肺がんに対して、標準手術(肺葉切除+リンパ節郭清)を行っております。また転移性肺腫瘍や、良性腫瘍、気胸、さらにごく初期の原発性肺癌に対しては、1~2cmの孔3か所のみで、肺の部分切除を行っております。この方法ですと、術後の痛みや呼吸機能の落ち込みはさらに少なくて済みます。

もうひとつの縮小手術は、特に肺がんの患者に対して、ごく初期と判断すれば標準手術である肺葉切除術、あるいはリンパ節郭清を行わず、肺区域切除術や肺部分切除術を行うようにしております。そうすることによって正常な肺の残る大きさ(容積)が増え、その結果術後の肺機能、さらには呼吸に関するマイナスを少なくすることができます。

次に根治性を高める方法ですが、われわれは、(1)拡大手術(より大きな部分を切除する)、(2)集学的治療(他の治療法を併用する)という二つの方法を行うことによって、手術ができないと言われていた患者にも光が当たるよう努力しております。拡大手術を行うためには外科医個人個人の力量も非常に重要となりますが、われわれはそれに加えて心臓血管外科など他科の先生方と共同で手術を行うことによって、より大きな切除をより安全に行うことができるよう考慮しております。

そして今回「呼吸器センター」ができたことにより、病院内のいろいろな科の先生方と、より密接に相談ができるようになりましたので、手術だけではなく、手術に抗がん剤治療を加えたり、抗がん剤と放射線治療を行った後に手術をすることによって、手術だけを行った場合よりさらに良い成績を得ることができるようになりました。

われわれの行っている手術や治療法の詳細の説明や、また個人個人の病気に関する質問やご相談などがございましたら、セカンドオピニオンも受け付けております。お気軽にご連絡いただければと存じます。

NCD症例登録のお知らせ

外来診療予定表(五十音順)

備考
岡﨑 幹生
佐野 由文
重松 久之
岡﨑 幹生
佐野 由文
重松 久之
岡﨑 幹生
佐野 由文
重松 久之
心臓血管外科

専門分野(五十音順)

岡﨑 幹生 呼吸器外科一般、肺移植(移植免疫)(日本外科学会指導医・専門医、日本呼吸器外科専門医、がん治療認定医)
佐野 由文 呼吸器外科一般(日本外科学会外科専門医、日本外科学会指導医、日本胸部外科学会認定医、日本呼吸器外科専門医、日本呼吸器外科学会指導医、日本呼吸器学会呼吸器専門医、がん治療認定医)
重松 久之 呼吸器外科一般(日本呼吸器外科専門医、がん治療認定医、日本外科学会指導医・専門医)