外科

肝臓・胆のう・膵臓・移植外科

当科では、肝臓・胆管・胆嚢・膵臓・脾臓などのがんに対する「外科手術」や「化学療法をふくめた集学的治療」と、肝硬変など末期肝臓病に対する「肝移植」を行っています。また、良性疾患として、胆石症やヘルニアおよび脾腫に対する外科治療も行っています。

当診療科入り口、外科外来です。

次のような症状を扱っています。

腹痛、発熱、黄疸、体重減少、全身倦怠感、吐血、下血、腹部腫瘤、腹部膨満、ソケイ部膨隆、全身・手足のむくみ

当診療科の対象疾患

肝臓・膵臓・胆管・胆嚢の癌、肝嚢胞、胆石症、良性膵腫瘍、脾腫・脾腫瘍、肝硬変や劇症肝炎などの肝移植の対象となる疾患

メッセージ

肝臓、胆道、膵臓の疾患、特に肝臓癌、胆管癌、および膵臓癌に対する外科治療および集学的治療を主に行っています。安全な外科治療で治癒を目指すとともに患者さんのQOL (Quality of Life)を高め、患者さんに最高水準の医療を提供することを目標にしています。進行癌に対して高度技能を駆使した拡大手術で治癒切除(癌の取り残しのない手術)を図り、一方で腹腔鏡を用いた患者さんの負担がより少ない低侵襲手術も積極的に行っています。特に肝細胞癌に対しては、腫瘍の進行度と患者さんの肝機能や全身状態に応じて、従来の開腹による肝切除に加えて腹腔鏡手術での肝切除やラジオ波による凝固術など患者さんの負担を極力減らした低侵襲治療も行っています。また症例に応じて生体肝移植術も選択肢とし、様々な治療で肝細胞癌の根治を目指しています。転移性肝癌(大腸癌の肝転移など)に対しても、外科的切除と化学療法(抗ガン剤)の併用により良好な成績が期待できます。
膵癌、胆道癌に対しては最も根治的な手術を中心に、必要に応じて化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療を行っています。また良性疾患である胆石症、脾臓あるいは膵臓の良性腫瘍、鼠径ヘルニアなどに対しては、低侵襲手術として腹腔鏡手術を行います。
肝移植は肝硬変や肝細胞癌、劇症肝炎など末期肝疾患に対する有効な治療法であり、外科だけでなく内科や麻酔科、集中治療部や薬剤・検査部など多くの専門家が力を合わせたチーム医療としてこれまで実績を積んできました。今後も四国の拠点病院として、末期肝臓病患者さんを一人でも多く救えるよう肝移植を推進していきます。
  • 年間手術症例数

外来診療予定表(五十音順)

備考
小川 晃平
髙井 昭洋
髙田 泰次
田村 圭
本庄 真彦
山本 久斗
渡邊 常太
井上 仁
小川 晃平
坂元 克考
髙井 昭洋
田村 圭
藤山 泰二
本庄 真彦
渡邊 常太
井上 仁
坂元 克考
藤山 泰二
肝・胆・膵移植外科

専門分野(五十音順)

井上 仁 肝胆膵外科、消化器外科(日本外科学会外科専門医)
小川 晃平 肝胆膵外科、移植外科、消化器外科(日本外科学会指導医・外科専門医、日本消化器外科学会指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、日本移植学会移植認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医)
坂元 克考 肝胆膵外科、消化器外科(日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医)
髙井 昭洋 肝胆膵外科、消化器外科、腹腔鏡外科(日本外科学会外科専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医)
髙田 泰次 肝胆膵外科、移植外科、消化器外科(日本外科学会指導医・外科専門医、日本消化器外科学会指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本移植学会移植認定医)
田村 圭 肝胆膵外科、消化器外科(日本外科学会外科専門医)
藤山 泰二 肝胆膵外科、移植外科、消化器外科(日本外科学会指導医・外科専門医、日本消化器外科学会指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本移植学会移植認定医、日本消化器病学会指導医・消化器病専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医)
本庄 真彦 肝胆膵外科、消化器外科
山本 久斗 肝胆膵外科、消化器外科
渡邊 常太 肝胆膵外科、移植外科、消化器外科(日本外科学会指導医・外科専門医、日本消化器外科学会指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本移植学会移植認定医、日本消化器病学会指導医・消化器病専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医)