内科・外科以外

形成外科

形成外科では、生まれつきの、あるいはけがやがんなどで変形したり失ったからだの異常を、手術やレーザーなど様々な治療手技を用いて、本来あるべき姿、機能に再建したり、整容的によりきれいにすることを目的に診療を行なっています。

当科で使用しているあざ治療用のレーザー機器です。

次のような症状を扱っています。

外傷、唇裂口蓋裂、皮膚・軟部腫瘍、血管腫・血管奇形、各種再建外科など幅広い領域の医療を提供するとともに、患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)の向上にも貢献でき、最善の結果が得られるように努力をしています。

当診療科の対象疾患

形成外科が取り扱う主な診療分野は以下のとおりです。
熱傷、顔面外傷、顔面骨骨折、唇裂、口蓋裂、頭蓋顎顔面の先天形態異常、悪性・良性皮膚腫瘍、あざ、血管腫、血管奇形、きずあと、ケロイド、顔面神経麻痺、難治性潰瘍、褥瘡

メッセージ

形成外科では一見健康そうに見える方々に手術やその他の治療を行う場合もあります。したがって、患者さんとの信頼関係に基づいた医療を行うことを基本理念にしています。可能なこと不可能なことまで含めてお話したうえで、患者さんの要望や精神的、社会的背景なども考慮して、その方に最もふさわしい医療が提供できるように配慮しています。

外来診療予定表(五十音順)

備考
三宅 啓介
村上 達郎
戸澤 麻美
中岡 啓喜
松満 紗代子
戸澤 麻美
森 秀樹
形成外科

専門分野(五十音順)

泉本 真美子 形成外科一般
上村 由美子 皮膚腫瘍(日本専門医認定機構形成外科専門医 )
木村 千寿 形成外科一般
戸澤 麻美 皮膚悪性腫瘍、頭頚部再建、先天性疾患(唇裂、口蓋裂。小耳症、手足の先天異常)(形成外科学会専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、日本がん治療認定機構 がん治療認定医)
中岡 啓喜 血管腫・血管奇形、皮膚悪性腫瘍、口唇口蓋裂、頭頸部再建、乳房再建(日本形成外科学会専門医、皮膚腫瘍外科指導医専門医、日本頭蓋顎顔面外科専門医、日本レーザー医学会レーザー専門医、日本皮膚科学会専門医・産業医 )
松満 紗代子 形成外科一般
三宅 啓介 熱傷、皮膚腫瘍、手の外科(日本形成外科専門医)
村上 達郎 形成外科一般
森 秀樹 手の外科、難治性腫瘍、皮膚悪性腫瘍 (日本形成外科学会専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、日本がん治療認定機構がん治療認定医)