患者支援・相談部門

禁煙外来

タバコ代も値上がりし、身体に悪いのは分かっているし、吸える場所も年々減って肩身も狭い・・・・それなのに禁煙できないのはなぜ? 禁煙に挑戦しても、つい吸ってしまうのはなぜ? それは、タバコの煙に含まれるニコチンが、麻薬にも劣らない強い依存性を持っているからです。 タバコは癌・脳梗塞・心筋梗塞・COPDの最も強い危険因子で、禁煙なしにはこれらの疾患の予防や治療は始まりません。
喫煙は「ニコチン依存症」という病気で、治療が必要な病気とされています。2006年からは禁煙治療が保険診療(条件あり)で受けられるようになりました。お気軽にご相談下さい。 当院では、医師と看護師があなたに合った禁煙作戦を立案し禁煙をサポートいたします。

保険診療で受けられる禁煙治療

保険診療が受けられる要件を自分でチェックしてみましょう
(1)1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上
(2)ニコチン依存症を診断するテストで5点以上        
問診時に確認いたしますが、(1)が満たされれば、ほぼ5点以上になります
(3)1か月以内に禁煙治療を開始したいと思っている
(4)禁煙治療の説明に同意、文書にサインを頂きます
※要件が満たされなくても、タバコ代より安く治療は受けられますのでご相談ください。

保険診療での禁煙の薬「貼る」または「飲む」

「貼る」ニコチンパッチ:
ニコチンを含んだ皮膚に貼る薬
1日1回、上腕や背中・腹に貼ります
パッチを貼ったらタバコは吸わない
標準的な使用期間は8週間

「飲む」ニコチンを含まない飲み薬:
1日2回食後に飲みます
飲み始めて8日目から禁煙です
通常、12週間継続して飲みます

禁煙外来診療の案内

診療科 :
第2内科

診療日時:
月~金曜日 初診は8:30~10:30が受付時間         
お電話で予約もできます
看護外来:089-960-5581 または  内科外来:089-960-5540

治療期間(要件を満たした場合):
初回受診~3カ月   
※ニコチンパッチ治療の場合は、最短2カ月間

費用:条件によって、多少の変動があります。
ニコチンパッチの場合:約43,000円(42,930)の自己負担額  
3割負担の場合/約12,900円(12,880)       

飲み薬の場合:
約65,000円(64,850)の自己負担額   
3割負担の場合/約19,500円 (19,460)