中央診療施設等

検査部(ISO15189認定臨床検査室)

検査部は病気の診断や治療に必要な生体情報(臨床検査)を集中的に分析する部門です。検査法や測定機器は年々、生物工学や精密分析、遺伝子工学などの新しい技術が導入されて著しく進歩しているため、日常の検査業務の他に、教官、技術職員ともに意欲的に新しい検査法の開発や改良などの研究課題に取り組んでいます。
また、外来診察前検査として中央採血システムを導入し、採血後直ちに検査を行い結果を報告しています。

検査部受付

メッセージ

病院のすべての診療科からは毎日、非常に多くの臨床検査の依頼があります。
患者に安心して検査を受けて頂けるよう、医療従事者の一員として、臨床検査に関する専門の教育を受け、下記に示すような認定試験を取得した臨床検査技師が、病気の診断や治療をするための正確な検査結果を迅速に報告しています。
また平成22年3月に、臨床検査室に特化した国際規格であるISO15189(国際標準化機構International Organization for Standardization:ISOにより設定)の認定を取得しました。 正式には国際規格ISO15189「臨床検査室-品質と能力に関する特定要求事項」という名称であり、その規格の序文には「臨床検査室のサービスは患者診療にとって不可欠であり、すべての患者とその診療に責任をもつ臨床医のニーズを満たすために利用できなければならない。」と記載されており、認定取得後は問題点を積極的に見つけ出し直ちに改善することにより、日々顧客満足度の向上を目指しております。