中央診療施設等

放射線部

各種画像診断装置と放射線治療装置が設置され、X線診断・アイソトープ診断・放射線治療が行われています。CT装置およびMRI装置をはじめ各種X線診断やアイソトープ装置による人体臓器の画像診断、さらにコンピュータ利用による情報精度向上が行われ、直線加速器などによる癌治療が行われています。

メッセージ

放射線部では診療放射線技師と医師(放射線診断専門医、放射線治療専門医、その他の診療科医師)が、高い質の画像診断および放射線治療を行っています。わからないことがあれば、何でもお尋ねください。

こんな仕事をしています(一般撮影)

胸部・腹部等一般単純撮影および全骨部の一般単純撮影を行っています。それぞれの検査部位によって、着替えをお願いしています。湿布・カイロ・エレキバン・アクセサリー等は、外していただく場合があります。

こんな仕事をしています(マンモグラフィ)

被曝低減や鮮明な画像を提供するために乳房を圧迫して撮影しますので、多少痛みを伴うことがあります。しかし、超音波や触診では分かり辛い早期がんを見つけることができます。当院では、患者の協力のもと、撮影を行っています。

こんな仕事をしています(透視・造影検査)

消化器系、泌尿器系・生殖系、整形系、血管系、内視鏡に分けて検査を行っています。

こんな仕事をしています(血管造影)

血管造影および血管内治療(IVR)を行っています。当院では、心血管、脳血管、肝臓に対しての検査や治療が主になっています。

こんな仕事をしています(CT)

当院では、64スライスCTと256スライスCTの2台のCT装置が稼動しています。従来より短時間で撮影することが可能になりました。

こんな仕事をしています(MRI)

当院では、1,5 Tが2台、3 Tが1台の計3台のMRI装置が稼働しています。MRI検査は、磁気を使って撮影を行いますので、金属類は必ず外していただいています。検査中、大きな音がする検査です。

こんな仕事をしています(アイソトープ検査)

放射性同位元素と呼ばれる薬を体内に投与し、薬の分布状態を撮影しています。3次元分布を撮影することも可能です。体内に投与した薬は、尿として排泄されますので、検査後は排尿をしてください。

こんな仕事をしています(放射線治療)

直線加速器(リニアック)2台、高線量率(Ir-192)リモートアフターローディングシステム(RALS)1台で、主にがんの治療を行っています。最新のリニアックを用いて、画像誘導放射線治療、強度変調放射線治療、定位放射線治療などの高精度放射線治療を行っています。

専門分野(五十音順)

平塚 義康 画像診断全般、神経画像診断
望月 輝一 画像診断全般、核医学、甲状腺腫瘍